アイキャッチ

 

あなたは「神棚の榊を長持ちさせたい!」と悩んでいるのではないでしょうか?

 

この記事では『神棚の榊を長持ちさせる方法・花瓶の水替えの頻度』などをお話しします。

 

記事をを最後まで読むと 榊を頻繁に交換することもなくなりますよ! 

Sponsored Link

神棚の榊を長持ちさせる手入れ方法は?枯れない理由は何?

悩む女性

 

関連:神棚のサイズに一般的な決まりはある?棚板の大きさには意味があった?

 

榊を長持ちさせる方法は主に下記の3つが挙げられます。

 

榊を長持ちさせる方法

①きちんと消毒する。

②延命剤を使用する。

③枝を水切りする。

 

3つの中で 一番手間もお金もかからず効果がある のは③の水切りですね。

 

【水切りのやり方】

水中で枝や茎を45度の角度で切ります。切れ味の良いハサミで切るとより効果的です。

 

YouTubeに水切りのコツ解説動画があったので紹介しておきますね。ぜひ参考にしてください!(水切りは25秒から始まります)

 

 

それでは次の項目で、あなたの神棚の榊が枯れる理由についてお話ししていきます。

 

榊が枯れる原因と対処方法は?花瓶の水替えの頻度はどれくらい?

悩む女性

 

関連:神棚の挨拶の仕方はどうすればいいの?参拝に必要な3つの作法とは?

 

榊が枯れる主な原因は水の劣化と花瓶内部の雑菌です。見た目には分からないですが、水は放置しておくと劣化します。

 

劣化した水を放置しているとバクテリアと呼ばれる細菌が繁殖します。

 

榊が枯れるのは細菌や汚れによって内部が詰まってしまうからです。

 

榊を枯らさないためにも、下記の二つの方法を守って頂きたいと思います。

 

  • 毎日水を交換する
  • 花瓶をしっかりとメラミンスポンジで洗う

 

二つの方法をしっかりと実践すると榊を長持ちさせることができます!最初は面倒かもしれませんが、ぜひお試しくださいね!

 

まとめ

Sponsored Link

 

・神棚の榊を長持ちさせる方法は水切りが最もオススメである。水切りのやり方は以下の通りだ。

 

【水切りのやり方】

水中で枝や茎を45度の角度で切る。切れ味の良いハサミを使うと効果的。

 

・榊が枯れる主な原因は水の劣化、花瓶内の汚れによる細菌の影響だ。汚い水や細菌が茎を通ることで、内部がつまりやすくなる。

 

・花瓶の水替えは毎日行い、メラミンスポンジで掃除するのが望ましい。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:神棚の作法に自信はある?必要な知識を全部まとめてみた!①

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

Sponsored Link

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!