アイキャッチ

 

あなたは「伊勢神宮お祓いを受けたいけど、服装料金が分からない…」とお悩みではありませんか?

 

そこで、今回は『伊勢神宮でお祓い時の服装や料金・お祓いの効果・受付時間』について深堀りしていきます。

Sponsored Link

 

伊勢神宮のお祓い・ご祈祷での服装は何がいい?

ご祈祷を受ける際の服装は特に決まっていません。

 

ですが少しだけ注意して頂きたいこともあるので下記に記載しておきます。

 

【ご祈祷時の服装の注意点】

・派手な服装は避ける

・肌を露出した服装は避ける

・常識の範囲内の服装を選ぶ

 

もし「服装の範囲が不安…」と言う場合は、正装でご祈祷を受けることをオススメします。

 

下記に男女別の服装を紹介しているので、ご確認ください。

 

【男性の正装】

・上下黒色のスーツ

・白いシャツ

・地味な色のネクタイ

・黒色の革靴

 

【女性の正装】

・上下黒のスーツ(パンツタイプも可)

・黒いローヒールのパンプス

 

正装なら何も心配はありませんし、神様に対して不敬になることもないでしょう。それに正装だと、ご祈祷をしてくださる神主さんにとっても印象良く映るはずです。

 

 もし私が神主さんなら、普段着より正装の方が「正装でいらっしゃるとは、それほど強い気持ちをお持ちなんだな」と思います(笑) 

 

ご祈祷とは神様にあなたのお願い事をお届けする意味があるので、くれぐれも神様に失礼となる服装は避けてくださいね!

 

伊勢神宮のご祈祷の料金は?

Sponsored Link

 

伊勢神宮でのご祈祷は御饌みけ御神楽おかぐらの二種類があり、それぞれ料金が異なります。

 

伊勢神宮公式サイトで料金について紹介があったので引用します。

 

【御饌の場合】

 

御饌

種類 初穂料 登殿人数 種別による違い
御饌みけ 5,000円以上 5名まで 御饌は初穂料によってお神札などの撤下品が異なります
大御饌おおみけ 8,000円以上 8名まで
別大御饌べつおおみけ 10,000円以上 10名まで

出典:伊勢神宮公式サイト

 

【御神楽の場合】

 

御神楽

種類 初穂料 登殿人数 種別による違い
御神楽おかぐら 15,000円以上 15名まで 倭舞
大々神楽だいだいかぐら 50,000円以上 50名まで 倭舞・人長舞
別大々神楽べつだいだいかぐら 100,000円以上 100名まで 倭舞・人長舞・舞楽1曲
特別大々神楽とくべつだいだいかぐら 500,000円以上 500名まで 倭舞・人長舞・舞楽2曲

出典:伊勢神宮公式サイト

 

両者は料金だけでなく内容や所要時間も異なります。御饌みけの所要時間は約15分です。

 

御饌の場合はお祓い終了後に神様へお供え物を捧げます。

 

お供え物を捧げた後は、神主さんが神様に祝詞のりとを奏上してくださるようです。

 

祝詞とは神様をお祀りして祈るときに、神主さんが神前で述べる文章のことを言います。

 

祝詞を奏上することによって、神主さんが神様へあなたの気持ちとお願い事を伝えてくれますよ!

 

一方で御神楽おかぐらの場合は、御饌の内容に加えて神職さんたちが雅楽に合わせて舞を奉納するご祈祷です。

 

実際に舞を舞ってくれるので所要時間も約25分~40分ほどかかります。

 

御神楽には以下の数種類があります。

 

【御神楽の種類】

倭舞やまとまい

人長舞にんちょうまい

舞楽ぶがく

 

伊勢神宮の公式YouTubeチャンネルで実際の御神楽の動画があったので、紹介しておきますね。

 

 本当に厳かな雰囲気の中で行われるので、ぜひ見ていただきたい動画です! 

 

 

伊勢神宮のご祈祷の効果は?

神社の巫女さん

 

関連:伊勢神宮の(特別)正式参拝の申し込み方法や金額は?崇敬会の入会方法!

 

関連:伊勢神宮の参拝方法や服装は?内宮のみお参りするのは縁起が悪い?

 

伊勢神宮では下記のご祈祷をして頂けます。

 

【ご祈祷の種類】

・神恩感謝

・家内安全

・身体健全

・商売繁盛

・安産祈願

・お宮参り

・学業成就

・交通安全

・厄払い

・除災招福

・心願成就

・病気平癒

・新年初祈祷(お正月中のみ)

 

かなりたくさんのお願い事を神様にお伝えしてくださるようですね!

 

特にお正月中の新年初祈祷では、あなたの幸せを祈願してくださるので、ぜひお正月中にご祈祷を受けてみてください。

 

伊勢神宮のご祈祷の受付時間はいつからいつまで?

Sponsored Link

 

ご祈祷の受付時間は午前8時~午後16:00までです。ご奉仕は午前8時30分から行われます。

 

ご祈祷は個人、家族、団体の申し込みを受け付けているようです。

 

事前予約は不要なので、内宮神楽殿や外宮神楽殿にある、ご祈祷受付で直接申し込んでください。

 

100名以上の団体の場合は、以下の連絡先に事前に連絡する必要があります。

 

神宮司庁  〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町1

電話:0596-24-1111(午前8時30分~午後4時30分)

出典:伊勢神宮公式サイト

 

下記に内宮神楽殿と、外宮神楽殿の周辺地図を記載しているのでご確認ください。

 

【内宮神楽殿】

引用:グーグルマップ

 

【外宮神楽殿】

引用:グーグルマップ

 

まとめ

・伊勢神宮のご祈祷時の服装は特に決められていない。もし服装に不安がある場合は、以下の服装でご祈祷を受けてほしい。

 

【男性の正装】

・上下黒色のスーツ

・白いシャツ

・地味な色のネクタイ

・黒色の革靴

 

【女性の正装】

・上下黒のスーツ(パンツタイプも可)

・黒いローヒールのパンプス

 

・ご祈祷は御饌みけ御神楽おかぐらによって料金が異なる。御饌で一番安い金額は5000円以上、御神楽で一番安い金額は15000円以上だ。

 

・神職さんが神様に届けてくださるお願い事は以下のとおりである。

 

【ご祈祷の種類】

・神恩感謝

・家内安全

・身体健全

・商売繁盛

・安産祈願

・お宮参り

・学業成就

・交通安全

・厄払い

・除災招福

・心願成就

・病気平癒

・新年初祈祷(お正月中のみ)

 

・ご祈祷の受付時間は午前8時~午後16時までだ。事前予約は不要である。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:伊勢神宮には何の神様が祀られているの?ご利益や名前の意味は?

 

関連:伊勢神宮の鳥居と日の出の待ち受けで運気上昇?朝日の太陽が見える時期は?

 

関連:伊勢神宮について詳しく知りたくない?気になる全情報まとめ!

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

Sponsored Link

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!