アイキャッチ

 

あなたは「伊勢神宮縁起が良い意味がある」という話は聞いたことがありませんか?

 

基本的に雨は嫌がられることが多いですが、なぜ伊勢神宮では雨が降ると縁起が良いのでしょうか?

 

当記事を読んで「参拝したい!」と思った場合は、雨雲レーダーを使うとかなり便利なので、ぜひ試してみてください。

 

この記事では『伊勢神宮の雨が縁起の良い意味・雨の日に参拝する時に便利な雨雲レーダーの紹介』について深堀りしていきます。

Sponsored Link

 

伊勢神宮の雨は縁起の良い意味があるの?

傘をさす女の子

 

これは伊勢神宮に限ったことではありませんが、神社で小雨が降ると神様が喜んでいるサイン、神様に呼ばれているサインと考えられています。

 

もっとも縁起が良いとされるのは、神社参拝中だけいきなり小雨が降って、参拝が終わると晴れる場合です。神様の歓迎のサインと考えても問題ないでしょう。

 

雨にはお清めの力があり、悪い空気を浄化する効果があります。みそぎの雨と呼ばれることもあるようです。

 

伊勢神宮のように参拝客が多い神社だと、参拝客の念によって境内の空気が淀んできます。

 

そこに禊の雨が降ることで、境内の空気を清々しく浄化してくれるのです。

 

一方で神様に歓迎されていないサインとして捉えられる場合があります。

 

 これは私の考えですが、神社参拝中にいきなり大雨が降った場合は、あまり歓迎されていないと思います。 

 

小雨のようにそこまで嫌な気分にならなければ歓迎のサインです。

 

しかし、嫌な気分になる雨の場合は神様が喜んでいるとは思えません。

 

風邪をひかない程度の少量の雨なら、思い切って神社参拝してみても良いかと思います!

 

あ、そうそう、くれぐれも事前に大雨が降ると分かっている場合や、大雨警報が出ている場合は参拝を中止してくださいね!

 

次の項目では、雨の日に参拝したいときに便利な雨雲レーダーを紹介します。

 

雨の日の参拝には雨雲レーダーを確認すると良い?

Sponsored Link

 

「縁起が良い小雨を狙って伊勢神宮に参拝したい!」と思っているあなたには、雨雲レーダーを活用することをオススメします!

 

雨雲レーダーとは日本気象協会が運営している、ネット上で各都道府県の雨雲の動きを確認できるサービスです。

 

雨雲レーダーを使うと雨雲の動きをリアルタイムで確認できるし、予測もできます。

 

 現在当記事は9月12日10時00分に書いているのですが、実際に三重県の9月12日9時55分の雨雲の動きを確認できています! 

 

下記にリアルタイムで確認できた画像を載せているので、ご覧ください。

三重県の雨雲の動き(9時55分の時点)

引用:https://tenki.jp/radar/5/27/

 

雨雲レーダーは下記サイトから使うことができるので、伊勢神宮だけでなく全国の神社に参拝したい場合も、ぜひ活用してみてくださいね!

 

雨雲レーダーはこちらから:https://tenki.jp/

 

まとめ

・全国の神社で小雨が降るのは神様が喜んでいるサイン、神様に歓迎されているサインなので、とても縁起が良い意味がある。

 

・雨はみそぎの雨だと考えられており、境内の空気を清々しく清めてくれる。ただし、大雨などの嫌な気分になる雨の場合は、歓迎されているとは言えないだろう。

 

・小雨の中で神社参拝したい場合は、雨雲レーダーの活用をオススメする。雨雲レーダーは下記サイトで使うことができる。

雨雲レーダーはこちらから:https://tenki.jp/

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:伊勢神宮の鳥居と日の出の待ち受けで運気上昇?朝日の太陽が見える時期は?

 

関連:伊勢神宮の参拝方法や服装は?内宮のみお参りするのは縁起が悪い?

 

関連:伊勢神宮について詳しく知りたくない?気になる全情報まとめ!

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

Sponsored Link

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!