アイキャッチ

 

誰もが一度は聞いたことがある伊勢神宮。

 

あなたは伊勢神宮に祀られている神様が気になっているのではないでしょうか?

 

実は、 伊勢神宮の神様は天皇家のご先祖様 だと言われているのです!!

 

この記事には内宮の神様について、主祭神が世界的に珍しい理由、名前と意味、ご利益、司っているものについて詳しくお話ししています。

 

それでは、伊勢神宮の神様の驚くべき秘密を探っていきましょう!

スポンサーリンク

伊勢神宮の主祭神の名前は何?

 

伊勢神宮の主祭神は、八百万の神様の中で一番偉い天照大御神あまてらすおおみかみという女神様です。つまり、アマテラスさんは日本の最高神ってことになりますね。

 

神社や神様をあまり知らなくても、この名前は何となく聞いたことがありませんか?

 

特に最近は人気スマホアプリでも登場しているので、聞いたことがある人は多いかもしれませんね!

 

主祭神の名前には意味がある?

スポンサーリンク

 

名前に使われている漢字で何となく分かるかもしれませんが、説明しますね。

 

「天照大御神」という名前のとおり、アマテラスさんは「天に照り輝いていらっしゃる神」という意味が込められているのです。

 

伊勢神宮の主祭神は何を司る神様なの?世界的に珍しい神様って本当?

 

この項目からは、伊勢神宮の主祭神が何を司っている神様なのかをお話しします。アマテラスさんは3つの自然を司っている神様とされています。

 

その3つの自然とは何か、1つずつ解説しますね!

 

司っているものその1

アマテラスさんは、私たちの生活や植物の成長に欠かせない「太陽」を司っています。あと2つ司っているものがありますが、太陽神としての性格が一番強く表れています。

 

 太陽の神様が女性なのは世界的に見てもかなり珍しいです! 

 

他の国の太陽神は男性が多い傾向にありますね。

 

なぜ天照大御神は女性なの?

元々は日本の太陽神は男性だったそうなのですが、いつしかその神様は封印されました。

 

封印された後、その神様を祀ってお告げを聞いていた巫女さんが神格化されたという説があります。

 

実際に「アマテラスさん=男性説」が分かる日本絵画があるので、紹介しておきますね。

 

男性の姿の天照大御神の画像

 

上記の絵は地震を起こす悪いナマズが神様に謝罪している絵です。中央にいる青い服を着たおじさんが天照大御神です。ちなみに、左にいるのは鹿島神宮の神様です。

 

このように、アマテラスさんを男性の姿で描く人もいたようですね。あくまでも一説なので、人によって解釈が異なると思います。

 

 日本の最高神がこれだけ珍しい存在だと嬉しく思いませんか?私は本当に嬉しく思います! 

 

太陽の神様らしい絵をご紹介!

先ほど紹介したとおりアマテラスさんは太陽の神様なのですが、「太陽の神様っぷり」がよく分かる絵を見つけてきました!

 

下記に載せてあるのでご確認ください。

 

天の岩戸

引用:式年遷宮

 

これは超有名な日本神話「天の岩戸」のクライマックスを描いた絵です。アマテラスさんは中央から少し右側の洞窟の中にいます。

 

「天の岩戸」の内容を簡単に説明しますと、弟であるスサノオノミコトが暴れたことショックを受けたアマテラスさんが、洞窟内に引きこもってしまうというお話しです。

 

この場面は力持ちの神様が洞窟をふさいでいた岩を持ち上げて、中からアマテラスさんが登場するシーンですね。

 

よく見ると、アマテラスさんを中心に光が

 

ブワァー!

 

と広がっており、洞窟内が明るいことが確認できると思います。アマテラスさんが隠れている間、外は真っ暗でした。

 

ですが、太陽神のアマテラスさんが出てくると外が一斉に外が明るくなるのです。

 

これこそ、アマテラスさんが太陽の神様であることを証明しているお話しでもあります!

 

司っているものその2

2のジェスチャーをする男性

 

アマテラスさんは太陽神でもありながら、養蚕の神様でもあるのです。養蚕とはカイコという幼虫を育てて糸を採取する仕事です。カイコは良質な糸を出しますからね。

 

720年に作られた『日本書紀』によると、養蚕はアマテラスさんが最初に始めたと記載されています。

 

そのため、今でも養蚕の神様として信じられているのだと考えられます!

 

司っているものその3

他には穀物の神様の一面も併せ持っています。養蚕だけではなく、田んぼを作って稲作も初めて行ったのもアマテラスさんと言われています。

 

稲だけではなく、粟・稗・麦・豆も畑で育てているようです。『日本書紀』にもこのような話がありました。

 

アマテラスはとても喜び、
「これらのものは、顯見蒼生(ウツシキアオヒトクサ=地上に生まれた人民)を生かすための食料となる」
と言いました。

それで粟・稗・麦・豆は畑の種子とし、稲を水田の種子としました。
天邑君(アメノムラキミ=村長)を定めました。
稲の種子を天狭田(アマノサナダ)に初めて植えると、その秋になると沢山に実った穂が垂れ下がるほどになって、とても見事だった。

出典:第五段一書(十一)ウツシキアオヒトクサ

 

 私たち日本人が毎日おいしいお米を食べられるのは、アマテラスさんのおかげなのかもしれませんね! 

 

 

伊勢神宮の主祭神のご利益は何?

神様に感謝する男性

 

アマテラスさんのご利益は以下の通りです。

 

  • 国土平安
  • 五穀豊穣
  • 生命力向上
  • 国家安泰
  • 子孫繁栄

 

参考文献

『古事記ゆる神様100図鑑』

『古事記と日本の神々が分かる本』

 

こうして見るとご利益も日本の最高神らしいですね!

スポンサーリンク

伊勢神宮の外宮にいる神様はどんな神様?

 

笑顔の男性

 

内宮の神様について知ったあとは、外宮の神様についても紹介しておきますね!

 

伊勢神宮の外宮にお祀りされている神様の名前は「豊宇気毘売神(トヨウケビメノカミ)」という神様です。

 

この神様はアマテラスさんのお食事を作っています。専属のコックさんと言えそうですね。

 

伊勢神宮の公式ホームページでも以下の通り説明されていました。

 

豊受大御神は内宮の天照大御神のお食事を司る御饌都神みけつかみであり、衣食住、産業の守り神としても崇敬されています。

出典:伊勢神宮公式ホームページ

 

外宮の神様にも名前に意味がある?

これはアマテラスさんだけでなく神様全体に言えることですが、神様の名前には必ず意味が込められているのです。

 

「豊宇気毘売」という名前には”食物”の意味があると言われています。名前の”宇気(ウケ)”の部分に食物の意味が込められています。

 

 これは余談ですが、神様の「ウケ」や「ウカ」という名前には食物の意味があります。 

 

つまり、トヨウケビメさんは食物(穀物)を司る神様になりますね。

 

次の項目では、なぜトヨウケビメさんが外宮にお祀りされているのかお話しします!

 

なぜ外宮にお祀りされているの?由来を超簡単にご説明!

スポンサーリンク

 

トヨウケビメさんが外宮にお祀りされている理由は、止由気宮儀式帳とゆけくうぎしきちょうという平安時代(804年)に作成された書物に載っています。

 

これは伊勢神宮の外宮に関する情報が書かれた本です。その本に記載されている由来を分かりやすく説明すると、以下のような内容になります。

 

~はじまり~

21代天皇、雄略天皇の夢の中にアマテラスさんが現れてこう言った。

 

「ちょっとちょっと!雄略天皇。私は独りぼっちで寂しいので、丹波国(京都府)にいるトヨウケビメちゃんを、私のところへ呼んできてちょうだい(´・ω・`)」

~おわり~

 

信じられないかもしれませんが、実際の内容もこんな感じの意味になります(笑)

 

外宮の神様のご利益は?

神様に感謝する女性

 

トヨウケビメさんのご利益は以下のとおりです。

 

  • 農業
  • 漁業守護
  • 産業振興
  • 開運招福
  • 厄除け

参考文献

『古事記ゆる神様100図鑑』

『古事記と日本の神々が分かる本』

 

まとめ

・伊勢神宮の主祭神は、日本の最高神で女神の「天照大御神」である。

 

世界的に見て、最高神が女性なのは非常に珍しい。

 

・天照大御神は太陽神だが養蚕の神様、穀物の神様でもある。

 

・アマテラスさんのご利益は以下のとおりである。

  • 国土安泰
  • 五穀豊穣
  • 生命力向上
  • 国家安泰
  • 子孫繁栄

 

・外宮にお祀りされている神様は「豊宇気毘売神(トヨウケビメ)」である。

 

・この神様は食物(穀物)を司っていると言われている。

 

・トヨウケビメさんのご利益は以下のとおりである。

  • 農業
  • 漁業守護
  • 産業振興
  • 開運招福
  • 厄除け

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:伊勢神宮の参拝方法はあなたも間違っていた?所要時間と服装にも注意?

 

関連:伊勢神宮のお守りの効果と値段は?ご利益であなたはどう変わる?

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

スポンサーリンク

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!