伊勢神宮は三重県伊勢市にあり、内宮(皇大神宮)・外宮(豊受大神宮)をはじめ125の宮社がある日本で最も格式が高い神社です。

 

また「お伊勢さん」とも呼ばれて親しまれています。

 

これから、皇祖神であり日本人の大御祖神(おおみおやがみ)でもある天照大御神を祀る、内宮の御朱印帳について話をしていきます。

 

この記事では、『内宮の御朱印帳の種類・値段・購入場所・通販での購入』について解説していきます。

Sponsored Link

 

内宮の御朱印帳の種類は?

 

内宮の御朱印帳には、内宮で購入できる大小2種類と神宮会館オリジナルの7種類があります。

 

内宮で購入できる御朱印帳の種類

・大きいサイズ(金色): 18cm×12.5cm
・小さいサイズ(紫色): 16cm×11.5cm

 

神宮館オリジナルの御朱印帳の種類

Sponsored Link

・お伊勢参り御朱印帳 : 水色・ピンク色の2種類

2013年(平成25年)に執り行われた第62回式年遷宮を記念して作られたもので、表紙は西陣織の装丁です。

 

蒔絵御朱印帳 : 黒色・朱色・紺色の3種類

表紙・裏表紙に描かれた文字・模様の上から金属粉を蒔き高級感ただよう豪華なものです。

 

・神宮ばら園御朱印帳

 
内宮の近くにあるばら園に咲き乱れるばらをイメージしています。

 

・木製御朱印帳

 
伊勢神宮より下賜された神宮林の檜材が表紙・裏表紙に使用されています。

 

内宮の御朱印帳の値段は?

伊勢神宮の内宮で購入可能な御朱印帳はそれぞれで値段が異なります。

 

すべての御朱印帳の値段をまとめてみたので参考にしてください。

内宮で購入できる御朱印帳の値段

・大きいサイズ(金色): 1,200円
・小さいサイズ(紫色): 1,000円

 

オリジナルの御朱印の値段

・お伊勢参り御朱印帳 : 値段は、いずれも1,500円

 

・蒔絵御朱印帳 : 値段は、いずれも2,000円

 

・神宮ばら園御朱印帳 : 2,000円

 

・木製御朱印帳 : 2,500円

 

内宮の御朱印帳の購入場所は?

Sponsored Link

購入場所は、参集殿と神楽殿(御朱印所)になります。ただし、神楽殿では小さいサイズのみの販売になります。販売時間は、次の通りです。

 

・参集殿:8:30~16:00(年中無休)

 

・神楽殿:6:00~参拝停止時間まで(年中無休)

※神楽殿の参拝停止時間は、季節によって変わります。
・1月~4月、9月 : 18:00
・5月~8月 : 19:00
・10月~12月 : 17:00

 

参集殿は、内宮の出入口となる宇治橋前から徒歩で約3分の所にあり、神楽殿は、参集殿からさらに徒歩で約1分の所にあります。

 

御朱印帳は、外宮の神楽殿でも購入できますが、小さいサイズのみになります。

 

オリジナルの御朱印帳の購入場所

神宮会館で購入できます。ただし、木製御朱印帳は、一人2冊までの販売になります。

 

神宮会館は、内宮の出入口となる宇治橋前のロータリーから徒歩で約5分の所にあります。

 

内宮の御朱印帳は通販で購入可能?

オリジナルの御朱印帳は、神宮会館の通販で購入できます。通販で購入する場合には、商品代金以外に送料と代引き手数料が必要になります。送料は発送先、代引き手数料は購入金額によって異なります。

 

神宮会館への注文は、次の通りです。

・住所 ; 〒516-00251 三重県伊勢市宇治中之切町152
・電話での注文;0596-22-0001
・FAXでの注文;0596-22-1517(注文用紙あり)
・Emailでの注文 ; tsuhann@jingukaikan.jp

・営業時間;7時~21時(年中無休)

 

まとめ

・内宮の御朱印帳は9種類ある。

・内宮の御朱印帳は内宮の参集殿と神楽殿で購入できる。

・内宮のオリジナル御朱印帳は神宮会館で購入できる(通販可能)。

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

Sponsored Link