Pocket

 

スポンサーリンク

 

鳴女さん
あなたはこんなことで悩んでないかしら?

 

  • 神棚に野菜や果物をお供えしてもいいのか悩んでいる
  • 野菜と果物をお供えするとき、位置は関係あるのか知りたい

 

鳴女さん
あなたの悩みを解決するために、以下のお話をするわね!

 

  • 神棚に野菜や果物をお供えしていいのか?
  • お供えしてはいけないものはあるのか?
  • 野菜や果物をお供えするときの配置の仕方について

神棚のお供え物に野菜はOK?果物はお供えしてもいいの?

野菜と果物

 

 結論から言うと、神棚にお野菜をお供えしても大丈夫よ!いえ、むしろした方がいいわね。それと、果物をお供えしても問題ないわよ!

 

野菜や果物などの農作物は自然のおかげで(農家さんのおかげでもあるけど)育っているわ。

 

日本には”八百万の神様がいる“という考え方があって、太陽、土、水、風、気候にも神様が宿っていると考えられているの。

 

 私たちがおいしいお野菜やフルーツをいただくことができるのは、自然を司る神様たちのおかげだと思っているのだわ。我々は自然だけにはどう頑張ったって勝てないものね………。 

 

鳴女さん
自然を司る神様への感謝の気持ちを込めて、

新鮮な採れたてぴちぴちのお野菜や果物たちをぜひお供えしてあげてね!

 

どんな野菜やフルーツをお供えすればいいの?お供えしてはいけないものはある?

野菜と果物その1

 

神棚関連:神棚のお供えを下げた後の処分方法は?絶対に食べる必要がある?

 

神棚関連:神棚にお供えする葉っぱの名前とは?神棚にお供えする意味は何?

 

基本的には新鮮で旬のお野菜をお供えするのがふさわしいと言われているわ。

 

あと、見た目の彩りにも気を付けてお供えするとよりグッドなのだわ!これは果物にも同じように当てはまるわね。

 

鳴女さん
あなただってお店で出来るだけきれいなものを選ぶわよね?やっぱり見た目がきれいことに越したことはないのだわ。

でも、色を気にせずお供えしても罰は当たらないから、安心してお供えしてね!

 

基本的にはどんなお野菜、果物でもお供えしていいんだけど、ふさわしくない物も存在するわ。主にニオイが強いもの、腐っているもの、痛んでいるものよ。

 

鳴女さん
特に腐っているものは絶対にお供えしちゃダメよ!

腐った食べ物を出されて喜ぶ人がいないように、神様だって絶対に喜ばないわ。新鮮さだけには本当に注意してね!

 

ニオイが強いお野菜は「香味野菜」と呼ばれるんだけど、主に以下のものが挙げられるわね。

 

  • ニンニク
  • ニラ
  • らっきょう
  • ネギ
  • 玉ねぎ
  • シソ
  • しょうが
  • セロリ

 

神道では「絶対にお供えしてはいけない食べ物」はないんだけど、控えておいたほうがいいとされているわね。

 

私的には、そのままだと臭くないお野菜もやめておいた方がいいと考えているのだわ。

 

あ、そうそう、旬のお野菜や果物を紹介しているサイトがあったから紹介しておくね。↓のサイトで確認できるわよ。

食材の「旬」一覧表

 

配置に決まりはある?どこの位置に置けばいいの?

他のお供え物と一緒で、お野菜や果物も位置が決まっているわよ。具体的な説明が載っているサイトがあったので引用しておくわ。

 

新鮮な四季折々の自然の恵みを、神様にお供えします。

その場合、お供えの順序は米→酒→餅→魚→野菜→果物→塩→水となります。配置は、中央の米から、順位の高い順に向かって右、左と配置していきます。

 

花が咲く方が野菜の上位なので、そちらを御神前または中心線(正中)に向けるようにします。正中より右にお供えするときは上位を左に向け、左にお供えするときは上位を右に向けます。

出典:終活ねっと公式ホームページ

 

鳴女さん
「神棚に野菜や果物なんかお供えしちゃダメだ!」という人もいるみたいだけど、

むしろお供えすれば神様も喜んでくれるから

積極的にお供えしてほしいわね!

 

まとめ

 

野菜と果物その2

 

神棚関連:神棚のお酒が減る理由は?スピリチュアルな理由があるって本当?

 

神棚関連:神棚の挨拶の仕方はどうすればいいの?参拝に必要な3つの作法とは?

 

鳴女さん
この記事では以下のことをお話ししたわ!

 

神棚には野菜や果物をお供えしても問題ない。むしろ積極的にお供えしてほしい。見た目の彩りも気にしてお供えするともっとすばらしい。

 

・野菜や果物は新鮮なもの、旬なものをお供えするのが望ましい。

しかし、腐っているもの、痛んでいるものは絶対にお供えしてはいけない。ニンニクやニラなどの臭いが強い野菜も控えたほうが良い。

 

・これらをお供えするときにも位置は関係がある。基本的には、米、酒、餅、魚、野菜、果物、塩、水の順番となる。

 

・また、花が咲くほう(上位)を真ん中に向けてお供えする。真ん中より右にお供えすると上位が左、左にお供えすると上位が右になるように並べる。

 

鳴女さん
それじゃ、次の記事でお会いしましょ!ばいばーい!

 

スポンサーリンク

 

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしているわよ!