アイキャッチ

 

榊はお店でも売っていますが、あなたは「榊は何本買えばいいの?」とあなたは迷った経験はありませんか?

 

この記事では『神棚の榊の本数・榊以外の植物を代用する地域(代用植物の葉と榊の比較画像あり)』についてお話ししています。

 

とある地域では、 全然違う植物が榊としてお供えされている ようですよ!

スポンサーリンク

神棚の榊の本数は何本?

考える女性

 

関連:神棚に雲を貼る時は位置と向きが重要?手書きと画鋲が嫌な場合は?

 

お供えする榊の本数は地域によってかなり違います。

 

1本だけをお供えする地域もあれば、1本を束にしてお供えする地域もあります。

 

 私は四国に住んでいるのですが、私の近所の花屋さんでは1束で売っていますね。 

 

1つの判断基準として近くのお花屋さんの榊の本数を見ればいいと思います。そこが1本で売っているなら1本、1束で売っているなら1束でお供えすればいいでしょう♪

 

榊以外の植物で代用する地域もある?

微笑む女性

 

関連:神棚の引っ越しの際は祝詞を唱えるのが良い?移動の手順と作法は?

 

これは私も驚いたのですが、地域によっては全然違う植物が榊と称されてお供えされているのです。

 

あなたが見たことがある榊は下記の画像のような葉っぱですよね?

 

榊の葉っぱ

 

しかし、他の地域では以下の植物が榊の代用とされていたのです!

 

秋田山間部=すぎ。



群馬山間部=しい。



長野山間部=いちい。



山梨山間部=ひのき。

出典:ヤフー知恵袋

 

一体どれほど似ているのか上記の植物と榊を見比べてみましょう!

 

↓これが榊の葉っぱです。

榊の葉っぱ

 

↓これがスギの葉っぱです。

スギの葉っぱ

引用:https://tinyhouse-story.com/sugitohinoki

 

↓これがシイ(マテバシイ)の葉っぱです。

シイの葉っぱ

引用:http://www.geocities.jp/tama9midorijii/ptop/map/matebashii.html

 

↓これがイチイの葉っぱです。

イチイの葉っぱ

引用:http://www.yasashi.info/i_00018.html

 

↓これがヒノキの葉っぱです。

ヒノキの葉っぱ

引用:http://www.takeno-hana.com/index.cgi?mode=item_view&no=HIN-150

 

 びっくりするぐらい榊と似ていないですね…!まさかここまで似ていないとは思いませんでした(笑) 

 

どうやら代用の理由は見た目が似ているからではないようです。調べてみると、これには他の理由があったことが分かりました!

 

それでは次の項目で、これらの植物が代用された理由を見ていきましょう。

 

榊以外で代用する理由は?

スポンサーリンク

 

理由はとても簡単で、上記の地域では榊が生えていないからです。一般的な榊は以下の地域に自生しています。

 

暖帯林中に生え、関東地方以西の本州から九州、および中国に広く分布する。

出典:コトバンク

 

榊以外をお供えする地域は以下の4県なので、榊が生息しない地域と一致しますね。

  • 秋田県
  • 群馬県
  • 長野県
  • 山梨県

 

関東地方は以下の1都6県です。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 群馬県
  • 栃木県
  • 茨城県

 

分かりやすいように日本地図を用意しました。地図の薄い緑色の部分が関東地方です。

日本地図

引用:https://www.start-point.net/maps/chizu_anki/

 

群馬県では榊が自生しているはずですが、山間部では生えていないようですね。榊は寒さに弱いのでそれも関係あるのかもしれません。

 

あ、そうそう、他にはツバキやサザンカを榊と呼ぶ地方もあるみたいですよ!

 

 神棚のお供え物ではあまり目立たない(?)榊の、意外な一面が見れた気がします!! 

まとめ

・神棚の榊の本数は地域によって異なる。1本と1束の地域がある。

 

・お供えする本数が分からなければ、近所のお花屋さんで売っている本数をお供えすればいい。

 

・榊が自生してない地域では他の植物を榊としてお供えしている。葉っぱの見た目は全然似ていない。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:神棚の作法に自信はある?必要な知識を全部まとめてみた!①

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

スポンサーリンク

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!