大阪天満宮は大阪府大阪市に鎮座しており、「天満の天神さん」と人々から愛される神社です。

 

もちろんお宮参りでもこの神社に訪れる人は数多くいます。

 

ですが大阪天満宮では赤ちゃんにどのようなご祈祷をしていただけるのでしょうか?

 

この記事では『大阪天満宮のお宮参りのご祈祷のご利益・ご祈祷の初穂料や受付時間・お食い初めの食器の有無』について深堀していきます。

 

Sponsored Link

【大阪天満宮】お宮参りの初穂料や時間

大阪天満宮におけるお宮参りの初穂料や時間については、公式サイトで詳しく説明してくれていました。

 

初穂料 個人/6,000円 ※初宮詣の場合10,000円
法人・団体/30,000円~(要予約)
実施時間 9時~17時00分(最終受付16時30分・予約不可)
受付場所 お守授与所
所要時間 通常、受付から60分前後となります。
恒例のお祭りや催しが開催される時期にはお待ちいただくことがあります。
予めご了承くださいますよう、よろしくお願いします。
※注意事項 本殿および渡り廊下など、建物内での撮影はできません。
専属カメラマンを伴う場合、撮影者本人も受付が必要です。
カメラマンの本殿および建物内への参入はできません。

出典:大阪天満宮公式サイト

 

受付場所であるお守り授与所は下記地図の4番のところにあります。

 

大阪天満宮のお守り授与所の場所

【大阪天満宮】お宮参りの祈祷のご利益や種類

 

Sponsored Link

 

大阪天満宮では次の8つのご利益のご祈祷をしてくださいます。

 

  1. 初宮詣
  2. 厄除け
  3. 交通安全
  4. 商売繁盛
  5. 試験合格
  6. 学業成就
  7. 七五三詣
  8. お子様の撰名

 

お宮参りの場合は初穂料10000円を納める初宮詣になります。

 

初宮詣を希望すると用紙が渡されますので、その用紙に名前や住所、生年月日などを記入してください。

 

それと後述しますがこの初宮詣をしてもらうと様々な品物をもらえます。

 

それと「お子様の撰名せんめいというご祈祷はあまり聞き慣れなくないですか?

 

これは簡単に説明すると赤ちゃんの命名(姓名判断)です。

 

 名前というのは一生使いますし、その赤ちゃんの人生を決めるといっても過言ではないでしょう。 

 

そのためできる限り縁起の良い名前を付けてあげたいですよね。

 

「どんな名前にしようか悩む…」という方は、神社で姓名判断をしてもらうのも1つの方法だと思いますよ!

【大阪天満宮】お宮参りではお食い初めの食器はもらえるのか

結論からいうと、大阪天満宮では初宮詣のご祈祷をしてもらえばお食い初めの食器がもらえます。

 

もたえる食器は高級感あふれる漆塗りの器です。

 

さらに食器以外にも

  • 初宮詣お守り
  • 御神水

もあわせていただけます。

 

こちらの御神水は大阪天満宮の境内にある、「黒土祠」というお社で祀られているお水です。

 

大阪天満宮の井戸水は名水といわれるほどで、昔はこの井戸水を使って接待も行われていました。

 

ちなみに御神水は社務所ではご祈祷済みの御神水を500mlは200円1lは1000円でいただくことが可能です。

まとめ

・大阪天満宮の初宮詣は初穂料10000円、時間は午前9時~午後5時まで(最終受付は16時30分で予約不可)となっている。

 

・お宮参りの場合は初宮詣をしていただけるが、他にも以下の7つのご祈祷を受けることができる。

  1. 厄除け
  2. 交通安全
  3. 商売繁盛
  4. 試験合格
  5. 学業成就
  6. 七五三詣
  7. お子様の撰名

 

・初宮詣を受けるとお食い初めの漆器一式、初宮詣お守り、大阪天満宮の御神水をいただける。

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

Sponsored Link