明治天皇と昭憲皇太后をお祀りしている明治神宮。

 

10万本もの樹木が植えられている常磐の森の面積は70万平方メートルと都内有数の広さをもちます。

 

この記事では、その明治神宮への参拝にかかる時間の目安、三が日・年末年始の営業時間について、まとめました。

明治神宮の参拝時間の目安は目的によって異なる

明治神宮には以下の3種類の入口があります。

  1. 南口:原宿方面から
  2. 北口:代々木方面から
  3. 西口:参宮橋方面から

 

これらの入口から御社殿までの目安時間は以下の通りです。

  1. 南口:大人12~15分
  2. 北口:大人12~15分
  3. 西口:大人10~15分

 

ただしどのコースを選んでもそう変わりません。

 

参拝にかかる時間についてですが、ゆっくりとお参りしたい方はこれらの時間に30分~。

 

御朱印をいただいたり、「清正井」を見たりとさまざまな場所を観光しながらの参拝であれば、更に30~60分をプラスしましょう。

 

女性やお子さま連れの場合は、もう少し時間に余裕をもって出かけることをおすすめします。

 

明治神宮の参拝時間は季節によって異なる

 

年末年始はどこの神社でも混雑しますが、明治神宮の混雑具合は別格です。

 

参拝時間はいつもの倍以上の時間を見込んで出かけましょう。

 

明治神宮の開門時間・閉門時間は季節によって異なるので注意して下さい。

 

【明治神宮の参拝可能時間】
・1月 6:40~16:20

・2月 6:20~16:50

・3月 5:40~17:20

・4月 5:10~17:50

・5月 5:00~18:10

・6月 5:00~18:30

・7月 5:00~18:20

・8月 5:00~18:00

・9月 5:20~17:20

・10月 5:40~16:40

・11月 6:10~16:10

・12月 6:40~16:00

 

しかし12月31日は閉門されないので終夜参拝することができます。

 

年の終わりを明治神宮で迎え、新しい年の始まりを明治神宮で迎えたい方は、12月31日から新年1日にかけて参拝しましょう。

 

明治神宮の参拝時間は三が日だと日によって異なる

 

関連:明治神宮の駐車場は無料で長時間停めてもOK!時間制限と入り方は?

 

明治神宮ではお正月の三が日のみ、以下のように閉門時間が遅くなります。

 

・1月1日 0:00~19:00頃

・1月2日 6:40~19:30頃

・1月3日 6:40~18:30頃

 

1月4日までは通常よりも2時間ほど閉門時間が変わりますので、ゆっくりと参拝を楽しむことができます。

 

5日からは、通常の閉門時間に戻りますので、ご注意ください。

 

初詣を終えた後は、ゆっくりとご夫婦・ご家族で「初宮詣祝膳」はいかがでしょう。

 

明治神宮内の「杜のテラス」にあるレストランよよぎでは、お正月をお祝いできるお祝い膳を食べることができます。

 

また、同じ施設内にある杜のテラス2ndは気軽に立ち寄れるカフェとなっており

  1. 焼き立てパン
  2. 美味しいコーヒー
  3. 紅茶
  4. オレンジジュース
  5. メロンソーダ

などのソフトドリンクも楽しめます。

 

参拝に疲れた時や食事休憩、水分補給などに利用してはいかがでしょう。

 

こちらの施設の営業時間は、それぞれ10:30~、9:00~となり、クローズは閉門時間になります。

 

ラストオーダーはどちらも閉門時間の30分前となりますので、お召し上がりになる方はお早めにお立ち寄りください。

 

まとめ

・明治神宮の参拝時間の目安は30分から1時間ほどである。

 

・明治神宮の参拝時間は12月31日に限り、終日可能である。

 

・明治神宮の参拝時間は三が日は日によって異なる。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:明治神宮の厄払いの初穂料は封筒とのし袋どっちが良い?服装や料金についても

 

関連:明治神宮のお守りで人気の種類はどれ?販売時間や通販での購入は不可?

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!