長野県にある戸隠神社は山奥にありますが、かなり人気がある神社です。

 

戸隠神社には

  1. 奥社
  2. 中社
  3. 宝光社
  4. 九頭龍社
  5. 火之御子社

の5つのお社があります。

 

他のお社の読み方はなんとなく分かりますが、「中社」の読み方は”なかしゃ”と”ちゅうしゃ”で迷いませんか?

 

そこで今回は『戸隠神社の中社の読み方・御祭神や御神木のご利益・中社から奥社までの時間と距離・中社にある滝』について深堀りしていきます。

 

Sponsored Link

戸隠神社の中社の読み方について

戸隠神社にある中社は”ちゅうしゃ”と読みます。

 

ついうっかり”なかしゃ”と読んでしまいそうですが、間違えないように注意してくださいね!

 

戸隠神社の中社の御祭神

 

Sponsored Link

 

戸隠神社の中社にお祀りされている神様は天八意思兼命あめのやごころおもいかねのかみのみことという神様です。

 

『古事記』でもそうですが一般的には思兼命おもいかねのかみのみことと呼ばれています。

 

思兼命は非常に物知りで多くの知識・知恵を蓄えた頭の良い神様です。

 

思兼命の「兼」には”あらかじめ”という意味があり、このことから”予見の神様”と考えられています。

 

日本神話では思兼命の意見に従い神々が行動したり、会議を行ったりする描写がたびたび記載されています。

 

たとえば有名な「天の岩戸」神話では、天照大御神を岩戸から連れ出す方法を考えました。

 

さらに「国譲り」神話では誰を地上平定の使者にするかを決めています。

 

いわば思兼命は神々の頭脳的存在といえるでしょう。

 

戸隠神社中社の御祭神のご利益

中社にお祀りされている思兼命からは、以下のご利益にあやかれるといわれています。

 

  1. 技能上達
  2. 学問上達
  3. 受験合格
  4. 出世
  5. 開運招福
  6. 木工職人守護

 

思兼命は学問の神様として人気があり厚い信仰を集めています。

 

 そのためあやかれるご利益を見ても、学問上達や受験合格など、勉強に関することに力を授けてくれそうですね! 

 

戸隠神社中社の御神木

戸隠神社の中社には樹齢が700年を超え、幹の周囲が約7メートルの巨大な御神木があります。

 

樹齢700年といえば、現在から逆算すると1319年ぐらいに植えられたと推測できます。

 

 1300年は鎌倉時代だったので、その歴史の長さに驚きました!当時は一体どのような風景だったのか気になりますね(笑) 

 

中社には他にも樹齢800年を超える三本杉が植えられています。

 

この三本杉は1本の杉が3つに分かれているという非常に珍しい木です。

 

この三本杉には橋がかけられており実際に触れることができます。

 

触れることはできますが御神木なので、傷つけないように丁寧に優しく触れてくださいね!

 

戸隠神社の中社から奥社への徒歩距離や時間について

 

Sponsored Link

 

中社から奥社参道入り口までの距離は約2kmです。

 

中社から奥社までの参道は、一般車両で通行することはできないため、歩いて約40分ほどかかります。

 

奥社へ行くには参道入口⇒随神門⇒奥社というルートを通っていきます。

 

参道入口から随神門までは上り坂ですが緩やかな勾配のため、ほとんど平らといって良いでしょう。

 

参道入口から随神門までの所要時間は約15分です。

 

しかし随神門から奥社へ進むにつれてどんどん勾配が急になっていきます。

 

そのため時間は約20分~25分ほどかかり、これまで通ってきた道よりつらいです。

 

もちろんこの時間は目安で個人の体力や体調によって違います。

 

特に後半は勾配がきつくなって疲れやすいので、途中で適度な休憩を挟んでください。

 

奥社までは森の中を通っていくので、バードウォッチングや森林浴も可能です。

 

 そのためもし疲れてしまったら周りの自然を見て、しっかりと休みながら参拝することをオススメします! 

 

戸隠神社の中社にある滝について

戸隠神社の中社には「さざれ滝」という滝が存在しています。

 

落差が8メートルしかないので、そこまで大きな滝ではありませんが、神秘的な雰囲気がするおすすめスポットです。

 

以下に滝が流れる様子を映した映像があるのでご確認ください。

 

 

さざれ滝が流れる音を聴いていると、日頃の生活や仕事などで溜まった疲れが癒されそうですね!

 

それと、滝つぼにお賽銭を投げ入れる参拝客がたまにいますが、これは神社側では「止めてほしい」そうなので絶対にお金は入れないようにしてください。

 

まとめ

・戸隠神社の中社は”ちゅうしゃ”と読む。

 

・中社から奥社へ行くには徒歩で約40分ほどかかる。

 

・戸隠神社の中社には思兼命という神様がお祀りされている。

 

・戸隠神社の中社には樹齢が700年を超える御神木がある。

 

・中社には「さざれ滝」という滝が流れているが、滝つぼにお賽銭を投げてはいけない。

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

Sponsored Link