アイキャッチ

 

春日大社にはとても多くの燈籠が設置されているのは有名ですよね。

 

ですが、あなたは境内にある燈籠の数をご存知でしょうか?

 

また、数ある燈籠の中でも特定のものを見つけると、億万長者になれるとの都市伝説も存在しています。

 

そこでこの記事では『春日大社にある燈籠の数・春日大社の燈籠の意味・億万長者の噂』について解説しています。

Sponsored Link

 

春日大社の燈籠について

燈籠は日本古来から存在している証明用具です。

 

もともとは仏前を飾る仏前荘厳ぶつぜんしょうごん道具として中国大陸から伝わりましたが、やがて庭園に飾られるようになっています。

 

火は不浄なモノを焼き払うと言われており、日本では神様や仏様への献灯のために活用されていました。

 

春日大社の燈籠の数は3000基

Sponsored Link

 

春日大社が誇る250haの広い境内の中には約3000基の燈籠が建てられています。

 

一口に燈籠と言っても種類があって釣燈籠が1000基石燈籠が2000基あります。

 

これだけ莫大な数の燈籠はすべて、平安時代後期から現在にかけて寄進されたものです。

 

 実際に見てみると苔むしたり文字が読めなくなっている燈籠があり、時代の流れを肌で感じさせてくれます。 

 

春日大社にある燈籠の意味は心願成就

男性

 

境内の燈籠は参拝客が心願成就のためや願いが叶ったお礼に奉納するのです。

 

また、はるか昔は雨乞いのために村人からお金を集めて奉納していたとの記録が残っています。

 

その証拠に燈籠には奉納月日や奉納者名が記載されています。

 

燈籠の数から春日大社がはるか昔より、どれだけの人々から信仰を集めていたのか分かりますね!

 

春日大社に燈籠を寄進する際の値段は数百万円

 

Sponsored Link

 

燈籠は誰でも寄進可能ですが

  • 釣燈籠は200万円
  • 石灯籠は250万円

と莫大な費用がかかります。

 

これは制作費や管理費、万燈籠での点火費をすべて含めた金額です。

 

一般人が気軽に奉納することは難しそうですね…。

 

 もし実際に奉納した方がおりましたら、ぜひコメントで教えていただきたいと思います! 

 

春日大社には歴史的有名人が寄進した燈籠がある

春日大社の燈籠には非常に長い歴史があるのですが、その歴史の中では誰もが知るような有名人が、寄進した燈籠も含まれています。

 

その代表的な人物が直江兼続です。

 

春日大社回廊には多数の釣燈籠が吊り下げられており、その中の1つが直江兼続が寄進した燈籠です。

 

実際に燈籠の火袋(火を灯す部分)には、1600年に兼続の娘の名前で奉納されたことが分かる文言が刻まれています。

 

この釣燈籠が奉納された時代はちょうど関ヶ原の戦いがあった年であるため、兼続が直江家の安泰を願って寄進したと考えられているのです。

 

レアな燈籠発見で億万長者の噂の詳細情報

春日大社には、『春日大明神』と書かれた石燈籠を3つ見つけると大金持ちになるという都市伝説があります。

 

3000基のうち、ほとんどの燈籠には『春日社』と書かれていますが、古い燈籠には『春日大明神』と書かれているのです。

 

直接目にしたことがないと「本当にあるのかな?」と不安になると思います。

 

しかし下記画像のとおり、該当する石燈籠はたしかに存在しているのです。

 

 

『春日大明神』の石燈籠は全部で15基あるようです。

 

 もし可能なら全部見つけてみることをオススメします! 

 

燈籠を探す場合の注意点3つ

 

Sponsored Link

 

春日大社にお参りした際には燈籠を探すのも良いのですが、迷惑行為や危険行為には十分に注意してください。

 

たとえば以下のような注意点が挙げられます。

 

  1. 古い燈籠は倒れる可能性もあるため手を触れない
  2. 燈籠探しに夢中になって立ち入り禁止区域に入らない
  3. 小さいお子さんから目を離さない

 

 熱中してしまうかもしれませんが、周囲の状況に気をつけて楽しく燈籠を探してくださいね! 

 

レアな灯籠の場所は少なくとも3基判明している

 

✗

 

ネットで『春日大明神』の燈籠の場所を調べてみました。

 

すると3基の場所を記載してくれている人がいたので引用しておきます。

 

もし自力で探したい方は見ないほうがいいかもしれません…!

 

1基目は
一の鳥居をくぐって少し先をいった右側で発見
 
二基目はお社の門をくぐる手前左側に
 
三基目は
剣先道の別れ道直ぐの右側に発見
 

出典:https://ameblo.jp/

 

まとめ

・春日大社には1000基の釣燈籠と2000基の石燈籠が寄進されている。

 

・境内には『春日大明神』と書かれた石燈籠が15基ある。

 

・『春日大明神』の石燈籠を3基見つけると億万長者になれるという噂がある。

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

Sponsored Link