アイキャッチ

 

厳島神社が少し昔に世界遺産に登録されたことを、あなたはご存知でしょうか?

 

 恐らくあなたもテレビで見ていたと思いますが、数十年も前のことなので覚えてないですよね(^^;) 

 

でも安心してください!

 

この記事では『厳島神社が世界遺産に登録された理由』について分かりやすく解説しています。

 

最後には 登録年月や登録範囲も紹介 しているので、ぜひご確認ください。

Sponsored Link

 

厳島神社の世界遺産登録理由は何?どのような基準で決まるの?

厳島神社

 

世界遺産は公益社団法人日本ユネスコ協会連盟という団体が決めています。厳島神社は世界遺産の種類で言うと文化遺産にあたります。

 

当然のことながら文化遺産は適当な理由で決められるのではなく、しっかりと基準があります。その基準をいくつか満たすことではじめて登録されるのです。

 

まずは、文化遺産にはどのような登録基準があるのかを説明します。公式サイトに細かく記載されていたので引用しますね。

 

(i) 人間の創造的才能を表す傑作である。
(ii) 建築、科学技術、記念碑、都市計画、景観設計の発展に重要な影響を与えた、ある期間にわたる価値感の交流又はある文化圏内での価値観の交流を示すものである。
(iii) 現存するか消滅しているかにかかわらず、ある文化的伝統又は文明の存在を伝承する物証として無二の存在(少なくとも希有な存在)である。
(iv) 歴史上の重要な段階を物語る建築物、その集合体、科学技術の集合体、あるいは景観を代表する顕著な見本である。
(v) あるひとつの文化(または複数の文化)を特徴づけるような伝統的居住形態若しくは陸上・海上の土地利用形態を代表する顕著な見本である。又は、人類と環境とのふれあいを代表する顕著な見本である(特に不可逆的な変化によりその存続が危ぶまれているもの
(vi) 顕著な普遍的価値を有する出来事(行事)、生きた伝統、思想、信仰、芸術的作品、あるいは文学的作品と直接または実質的関連がある(この基準は他の基準とあわせて用いられることが望ましい)。

出典:公益社団法人日本ユネスコ協会連盟

 

文化遺産に登録されるには上記の基準中4つが認められる必要があります。厳島神社はこの基準中で以下の4つの項目を満たしています。

 

厳島神社が基準中で認められている項目

(i)

(ii)

(iv)

(vi)

 

ユネスコ公式サイトの説明だと難しすぎて意味が分からないので、基準の意味を簡単に解説します!

 

(i)の基準の意味は何?[/su_heading]

Sponsored Link

 

1番目の意味を簡単に説明すると【人類の創造的傑作】です。

 

そもそも厳島神社が現在のような規模になったのは、1168年(平安時代)に平清盛によって造営されたためです。

 

清盛は厳島神社をとても深く信仰しています。清盛が登場する『平家物語』にその理由が記述されています。

 

清盛が夢枕で「厳島の宮を造営すれば、必ずや位階を極めるであろう」とのお告げを聞いたというエピソードが残されています。

出典:厳島神社(広島県廿日市)

 

『平家物語』によると清盛は夢で上記のお告げを見たため、厳島神社を造営したと伝わっています。

 

以下の画像のような社殿群の基礎になったのは清盛の影響です。

厳島神社の見取り図

引用:ここが見所!厳島神社観光の魅力をお届け!パート③

 

この社殿群は寝殿造りの要素を取り入れています。寝殿造りとは平安時代の貴族が住んでいた家の様式です。

 

以下の寝殿造りの画像が分かりやすいと思います。

寝殿造り

引用:東北見聞録

 

 厳島神社は平清盛が創造した影響が強いため、1番の【人類の創造的傑作】として認められたのです。 

 

(ii)の基準の意味は?