アイキャッチ

 

23日の宵山では他の日では見られない行事がたくさんあります!

 

後祭の宵山は23日で終わりなので、後悔しないように最後まで楽しんでくださいね!

 

中には かなり謎な行事もある みたいですよ!

スポンサーリンク

祇園祭の宵山(7月23日)で始まる行事は?

 

7月23日から始まる行事は以下のです。

 

  • 琵琶奉納
  • オハケ清祓式
  • 役行者山護摩焚き
  • あばれ観音

 

次の項目から、これらの行事の詳細情報をお伝えしますね!

 

琵琶奉納(びわほうのう)

笑顔の女性

 

この行事は13:00から八坂神社能舞台で行われます。行事名の通り琵琶びわの演奏を聴くことができます!

 

すでにご存知かもしれませんが、琵琶とは木製のナスビのような形をした弦楽器です。これをバチを使って演奏します。

 

以下に見た目が分かる画像を用意したので、ご確認ください。

 

楽器の琵琶

引用:https://www.geidai.ac.jp/labs/koizumi/asia/jp/japan/biwa_g/002011.html

 

次の項目で、なぜ祇園祭で琵琶が奉納されるのかお話ししています!

 

なぜ琵琶を演奏するの?

スポンサーリンク

これは祇園祭の原型とも言われる祇園御霊会ぎおんごりょうえが関係しています。

 

祇園御霊会は怨みを持って亡くなった人の霊を慰めて祟りを鎮めるための行事です。

 

祇園御霊会が始まった平安時代は、疫病や水害などの災害は怨み持って亡くなった霊の祟りだと考えられていました。

 

これらの被害を抑えるためにはその霊を鎮める必要があります。どのように慰めるかと言うと、歌舞(芸能)などを奉納して慰めていたのです。

 

 これは私たち人間にも当てはまりますが、にぎやかな雰囲気の場所って楽しいですよね! 

 

当時の人は楽しい雰囲気で怨霊をおもてなしすることで、祟りを鎮めていました。怨霊も私たち人間と同じだったようです!

 

そのため、平安時代から約1000年が経った現在でも琵琶奉納が続いているのですね!

 

八坂神社の場所はどこ?

下記に八坂神社の場所が分かる地図を用意しているので、ご確認ください。

 

引用:グーグルマップ

 

オハケ清祓式(おはけきよはらいしき)

笑顔の女性

 

この行事は14:00から御供社ごくうしゃで行われます。この行事は祇園祭で使われるお神輿と関係しています。

 

祇園祭のお神輿は中御座神輿、西御座神輿、東御座神輿の3種類あります。

 

もちろんお神輿には神様が宿っているのですが、神様たちは下記のような白い紙(幣束へいそく)に宿っているのです。

 

幣束自体はあなたも神社などで見たことがあるかもしれませんね(^^;)

 

幣束

 

引用:http://hiruta-sanga.shop-pro.jp/?pid=75992076

 

オハケとは3種類のお神輿の神様が宿っている幣束のことです。下記にも立てられたオハケの画像を紹介しておきますね。

 

オハケ

引用:https://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/12200

 

この行事は、24日に行われる還幸祭の前にオハケをお清めするという行事だったのです!

 

あ、そうそう、オハケの下に敷かれている芝生(斎芝いみしば)は水辺を表しているそうですよ!

 

これには祇園御霊会の発祥地の神泉苑しんせんえんが関係しています。

 

神泉苑については次の項目で説明していますので、ぜひご確認ください!

 

神泉苑って何なの?

スポンサーリンク

神泉苑とは都が平安京に移された際に造営された皇居内庭園のことです。

 

神泉苑は南北が516メートル、東西が252メートルもあるかなり広い土地でした。

 

オハケ清祓式が行われる御供社は、神泉苑の南端に位置していました。

 

神泉苑は大きな池を中心としていたことから、斎芝は水辺を表していると考えられているのです!

 

御供社の場所は?

下記に御供社の場所が分かる地図を用意しているので、ご確認ください。

 

引用:グーグルマップ

 

あばれ観音(あばれかんのん)

驚く女性

 

この行事は南観音山特有のとても珍しい謎の行事です!

 

日和神楽が終わった23:00から中京区新町通錦小路上ル百足屋町で見られます。

 

※日和神楽は23日にも行われます。詳細情報は下記の記事をご覧ください。

関連:祇園祭の宵山では神楽が見られる?演目や場所・開始時間は?

 

あばれ観音とはご神体の観音様の像を激しく上下にゆすりながら町内を3週走り回るという行事です。

 

下記にあばれ観音の動画を載せているのでご確認ください!2分20秒から始まります。

 

観音様の像を縛りつけている理由は?

スポンサーリンク

動画の初めで観音様の像を布でしばりつけているのですが、なぜ縛りつけているのかは現在でも判明していません。

 

一説によると、南観音山の観音様は女性なので北観音山の観音様(男性)への恋心で暴れないように、暴れさせて熱を冷ましている…という説があります。

 

 観音様はとてもありがたい存在ですが、意外と人間のような部分があるのかもしれません(笑) 

 

あばれ観音が見られる場所は?

南観音山がある場所の地図を用意しているので、ご確認ください。

引用:京都観光・旅行

 

役行者山護摩焚き(えんのぎょうじゃやまごまだき)

お祈りする男性

 

この行事は14:00から役行者山がある中京区役行者町358で行われます。

 

聖護院門跡から送られた山伏が、24日から始まる山鉾巡行の安全を祈願するようですね!

 

他には宵山期間中に奉納された護摩木ごまぎをお焚き上げして、護摩木に書かれた願い事の祈願成就の意味もあります。

 

護摩木焚きはすぐに始まらない?

先に伝えておきますが、すぐに護摩焚きが始まるわけではありません。護摩焚きの前に山伏問答という儀式が始まります。

 

山伏問答とは聖護院門跡の山伏かどうかを証明するための儀式です。

 

ここでは山伏に関する質問が問いかけられます。それに答えると、聖護院門前の山伏と認められて護摩焚きが行われます。

 

役行者山がある場所は?

下記に役行者山の場所が分かる地図を用意しているので、ご確認ください。(赤い線で囲まれている場所です)

引用:グーグルマップ

 

まとめ

7月23日から始まる行事は以下の4つである。

 

  • 琵琶奉納
  • オハケ清祓式
  • 役行者山護摩焚き
  • あばれ観音

 

・詳しい情報はそれぞれの項目を参考にしてほしい。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:祇園祭の宵山について詳しく知りたくない?気になる全情報まとめ!

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

スポンサーリンク

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!