全国には複数の荒神神社が鎮座しています。

 

今回は全国にある荒神神社のなかでも、岩手県遠野市青笹町にある荒神神社について取り上げていきます。

 

この記事では『荒神神社(遠野市青笹町)の御朱印・御朱印帳・お守り・神様のご利益』について深堀していきます。

 

荒神神社(遠野市青笹町)の御朱印の種類や値段について

結論からいうと、青笹町の荒神神社には御朱印があるかどうかは不明です。

 

そもそも置いていない可能性があります。

 

青笹町の荒神神社は田畑に囲まれた場所に鎮座しており、茅葺屋根という風情ある佇まいをしています。

 

下記画像のようにかなり小さい神社なので、もしかすると宮司さんが不在の神社の可能性が高いですね…。

 

 

 しかし昔話に出てくるような見た目の神社なので、個人的には御朱印を取り扱っていなくても参拝してみたいです(笑) 

 

荒神神社(遠野市青笹町)の御朱印帳の種類や値段について

 

 

荒神神社(青笹町)の御朱印帳の有無は不明です。

 

ネットで検索してみても情報がまったくないことから、オリジナル御朱印帳を取り扱っていない可能性があります。

 

荒神神社(遠野市青笹町)のお守りの効果やご利益について

荒神神社(青笹町)ではお守りも取り扱っていない可能性が高いです

 

ネットでも一切情報がありません。

 

かなり小さい神社なので、他の神社のようには取り扱えないのかもしれませんね…。

 

荒神神社(遠野市青笹町)の神様のご利益について

青笹町の荒神神社には権現ごんげんがお祀りされています。

 

権現(権現様)とは特定の神様の名前ではなく、次のような意味がある言葉です。

 

日本の神号の一つ。もと仏教で権(かり)の姿をいったもの。神仏習合が進み,本地垂迹(ほんじすいじゃく)思想が起こると,神々は仏・菩薩の権化(ごんげ)であるとされ,11世紀初頭から神号となった。春日(かすが)権現,熊野大権現,伊豆山権現,箱根権現,東照大権現などはその例。明治維新のさい廃止されたが,現在では復活。

出典:百科事典マイペディア

 

青笹町の荒神神社では

  1. 五穀豊穣
  2. 商売繁盛
  3. 地域安全
  4. 家内安全

のご利益にあやかれるそうです。

 

この場所に荒神神社が建てられたのはとある理由があります。

 

昔この地には大きな杉の木があり、これを気に入った権現様がある人の夢に表れ「あの杉の木の場所に住みたい」とお告げしたそうです。

 

そこで、現在地に荒神神社を建てて権現様をお祀りするようになりました。

 

ちなみに、この神社の権現様が隣地区の権現様とケンカして片耳をかじったという伝説が残されているようです。

 

荒神神社(遠野市青笹町)のアクセス方法について

荒神神社が鎮座している住所と周辺地図は以下のとおりです。

 

【住所】

岩手県遠野市青笹町中沢21地割

 

【アクセス方法】

東北自動車道宮守ICから車で約30分

 

【周辺地図】

 

まとめ

・荒神神社(青笹町)では御朱印、御朱印帳、お守りを取り扱っていない可能性がある。

 

・荒神神社(青笹町)には権現様がお祀りされている。

 

・荒神神社(青笹町)からは

  1. 五穀豊穣
  2. 商売繁盛
  3. 地域安全
  4. 家内安全

のご利益にあやかれる。

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

 

荒神神社(遠野市青笹町)に行くなら使うべき!ホテルや交通機関を格安予約できるサイト3選

あなたは現在「遠野市青笹町の荒神神社に行ってみたい!」と思っていませんか?

 

もし実際に行ってみたい場合は、各交通機関やホテルなどの予約専門サイトを活用することをオススメします!

 

私がオススメする以下の予約サイトでは、格安料金を簡単に見つけることが可能です。

 

【ホテル予約】

 

【高速バス・夜行 バス予約】

 

【飛行機予約】

 

予約専門サイトを上手に活用して、ぜひ格安料金で遠野市青笹町の荒神神社にお参りしてみてくださいね!