渡海神社は千葉県銚子市高神西町3に鎮座している神社です。

 

神社自体はそこまで大きくありませんが、果たして御朱印や御朱印帳はいただけるのでしょうか?

 

この記事では『渡海神社(銚子市)の御朱印・御朱印帳・お守り・神様のご利益』について取り上げていきます。

 

Sponsored Link

渡海神社(銚子市)の御朱印の種類や値段について

渡海神社では下記画像のような御朱印(1種類)をいただくことが可能です。

 

残念ながら値段は判明しませんでした。

 

ちなみに御朱印は渡海神社の境内ではいただけません。

 

渡海神社本殿の裏には小道があり、そこを進んだ場所にある宮司さんの自宅で書いてもらえるようです。

 

宮司さんが不在の場合は書き置きをいただく形になります。

 

そのため、もし御朱印をいただきたい場合は事前に連絡したほうがいいですね。

 

【渡海神社の電話番号】

0479-22-2558

 

渡海神社(銚子市)の御朱印帳の種類や値段について

 

Sponsored Link

 

渡海神社ではオリジナル御朱印帳を置いていない可能性があります。

 

ネットで調べてみても、渡海神社のオリジナル御朱印帳の情報は一切ありませんでした。

 

渡海神社(銚子市)のお守りの効果やご利益について

渡海神社にはお守りを置いていない可能性があります。

 

御朱印帳と同じように、渡海神社のお守り情報はネットでも見つかりませんでした。

 

渡海神社(銚子市)の神様のご利益について

渡海神社には綿津見大神わたつみのおおかみ猿田彦大神さるたびこおおかみという神様がお祀りされています。

 

二人の神様の情報やご利益は以下にまとめてあるとおりです。

 

【猿田彦大神】

 

猿田彦大神は『古事記』の”天孫降臨”の話で登場した神様です。

 

このお話で天照大御神の孫であるニニギの命の道案内役を買って出ました。

 

ちなみに猿田彦大神は天狗の原型となった神様で、身長は2メートルで鼻が大きく、目はほおずきのように赤いとされています。

 

【猿田彦大神のご利益】

  1. 延命長寿
  2. 災難・方位除け
  3. 厄除け
  4. 開運招福
  5. 商売繁盛

 

【綿津見大神】

 

綿津見大神は海の神様として崇められています。

 

『古事記』では”山幸・海幸”の話で活躍しました。

 

綿津見大神にはトヨタマビメ、タマヨリビメという二人の娘がいます。

 

ちなみにタマヨリビメは初代天皇・神武天皇のお母さんです。

 

【綿津見大神のご利益】

  1. 航海安全
  2. 豊漁

 

渡海神社(銚子市)のアクセス方法について

渡海神社のアクセス方法と周辺地図は以下のとおりです。

 

【住所】

千葉県銚子市高神西町3

 

【アクセス方法】

JR銚子駅からバスで15分

 

【周辺地図】

 

まとめ

・渡海神社では御朱印をいただけるが、神社の裏にある宮司の自宅で書いてもらう必要がある。

 

・渡海神社ではオリジナル御朱印帳、お守りを置いていない可能性がある。

 

・渡海神社には猿田彦大神、綿津見大神という神様がお祀りされている。

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

Sponsored Link

渡海神社(銚子市)に行くなら使うべき!ホテルや交通機関を格安予約できるサイト3選

あなたは現在「銚子市の渡海神社に行ってみたい!」と思っていませんか?

 

もし実際に行ってみたい場合は、各交通機関やホテルなどの予約専門サイトを活用することをオススメします!

 

私がオススメする以下の予約サイトでは、格安料金を簡単に見つけることが可能です。

 

【ホテル予約】

 

【高速バス・夜行 バス予約】

 

【飛行機予約】

 

予約専門サイトを上手に活用して、ぜひ格安料金で銚子市の渡海神社にお参りしてみてくださいね!