Pocket

 

スポンサーリンク

 

鳴女さん
この記事では、以下のお悩みを持つあなたにぴったりの内容よ。

 

  • 本居宣長が書いた『古事記伝』の内容が知りたい

 

鳴女さん
そんなあなたに満足してもらえるように、このような情報をお話しするわね!

 

  • 本居宣長が行った凄すぎる『古事記』の研究について
  • 巻数ごとの内容について
  • 『古事記』が編纂された理由
  • 昔の『古事記』の信じられない評価について

 

雉野
この記事であなたは以下のメリットを得られるので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

 

  • 本居宣長さんを尊敬できる!
  • 宣長さんが好きになる!
  • 『古事記』や『古事記伝』を読んでみたくなる!

『古事記伝』ってどんな本?

アイキャッチ

 

簡単に説明すると、『古事記』の注釈書よ。

 

『古事記』自体は奈良時代に書かれたんだけど、当時は

平仮名やカタカナがなかったから、全部漢字で書かれていたの。

 

下記の画像を見てもらうと分かるように、本当に全部漢字だったのよ!

 

kamitsu64

引用元:http://himiko-y.com/scrp1/kojiki-11.html#140815

 

鳴女さん
ちなみに上記の画像は、貴重な私の登場シーンよ。

 

鳴女さん
右の行から4行目に、ちゃんと私の名前が書かれているのだわ!

 

漢字に慣れている私たちでも、

漢字ばっかりだと読みにくいわよね?

 

 でも、宣長さんは誰でも『古事記』が読めるように読み仮名をつけて、難しい言葉にも分かりやすい解説を付けたのよ!! 

 

しかも、1文字ずつていねいに

読み仮名をつける親切っぷりよ!!

 

鳴女さん
これは信じられないほど凄すぎることなのだわ!!!

 

巻ごとによって書かれている内容が違う?

スポンサーリンク

 

宣長さんが記した『古事記伝』は、

巻数によって内容が異なるわ。

 

そこで、分かりやすいように巻数ごとの内容を紹介するね。

 

  • 【1巻】:同時期に書かれた『日本書紀』と比べて、『古事記』が持つ価値を書いている。
  • 【2巻】:『古事記』の序文の解説と、神様の家系図
  • 【3巻~44巻】:漢字に1文字ずつ読み仮名をつけ、難しい言葉には解説も付ける。

 

鳴女さん
宣長さんは、35年という長い時間をかけて『古事記』の研究を続けた、日本が誇るナイスガイなのだわー!!!

 

雉野
尽きることが無い探究心、35年も研究を続けた継続力、僕たちも見習うべきですね!!

 

そもそも古事記って何?

しめ縄

 

『古事記』とは、今から1300年前の奈良時代に書かれた

日本最古の歴史書よ。

 

『上巻』『中巻』『下巻』からできていて、

それぞれ書かれている内容が違うわ。

 

分かりやすいように内容をまとめてみると、

こんな感じなのだわ。

 

  • 『上巻』:神様の時代
  • 『中間』:神武天皇~応神天皇まで
  • 『下巻』:仁徳天皇~推古天皇まで

 

古事記が編纂された理由は?

 

元々は、第40代の天武天皇が

 

「日本の正しい歴史と正しい天皇の歴史が

失われないように、本に残しておこう!!」

 

と言ったことから始まったわ。

 

でも、”古事記編纂プロジェクト”の最中に

天武天皇は亡くなってしまうの………。

 

天武天皇が亡くなったことで、なんと数十年間も

プロジェクト自体が忘れられちゃうのだわ………。

 

そこで、43代の元明天皇が

古事記編纂プロジェクトを引き継いだのよ!

 

 開始から数十年の時が経った712年、ついに日本最古の歴史書『古事記』が誕生したわ!! 

 

鳴女さん
古事記が作られた裏側は、壮絶だったのね………。

 

昔は古事記の評価がめっちゃ低かった!?

ショック

 

これは本当に信じられないことなんだけど、同じ時期に書かれた『日本書紀』と比べて

評価も低かったし、目立たない存在だったの。

 

だから当然、『古事記』を研究しようとする

”変わり者”はいなかったのね。

 

でも、この常識を打ち破ったのが

本居宣長さんよ!!!!

 

宣長さんは評価が低かった『古事記』を

人生をかけて研究することで、歴史に名を残したわ。

 

その功績があって、『古事記』はだんだんと

有名になり注目されるようになったのよ。

 

 もし宣長さんがいなかったら、『古事記』は現在でも軽く見られていたでしょうし、名前すら知らない人が圧倒的に多かったでしょうね。 

 

もはや、本居宣長さんは『古事記』ファンの

”初代様”と言えるのだわ!!!

 

鳴女さん
宣長さんがいないと、『古事記』に登場している私もここまで有名にならなかったし、本当に感謝しかないのだわ!!

 

雉野
鳴女さんは今でも無名中の無名なのでは………?

 

まとめ

メガネっ娘

 

鳴女さん
この記事では以下のことをお話ししたわ!

 

・本居宣長さんが書いた『古事記伝」とは、

日本最古の歴史書『古事記』の注釈書である。

 

・宣長さんは『古事記伝 3巻~44巻』で、

『古事記』の原文に1文字ずつ読み仮名をつけ、難しい言葉には解説を付けた。

 

・そもそも『古事記』とは、正しい日本の歴史と天皇の歴史を後世に残しておくため

に編纂された。

 

鳴女さん
それじゃ、次の記事でお会いしましょ!ばいばーい!

スポンサーリンク

 

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしているわよ!