出雲大社は、主祭神として縁結びなどの神である大国主神を祀り、島根県出雲市にあります。

 

出雲の国は、神の国とも呼ばれ、神々を祀る古い神社が今日まで至る所にあることに由来します。

 

この記事では、『出雲大社の公式御朱印帳の売り場・サイズ・通販での購入の可否』について解説していきます。

Sponsored Link

出雲大社の公式御朱印帳の売り場はどこ?

公式御朱印帳を購入できる所は、神楽殿と御朱印授与所になります。

 

神楽殿は、拝殿西側の門を出て目の前に見える大きな建物です。

 

日本一と言われる注連縄(しめなわ)が目印になります。

 

御朱印授与所は拝殿の裏側です。八足門に向かって左側、御守所の前になります。

 

神楽殿と御朱印授与所では、御朱印もいただけます。

 

出雲大社でいただける御朱印は、御本殿と神楽殿の御朱印の2種類あります。

 

料金は、初穂料として300円を納めます。

 

御朱印帳の販売時間は、いずれの場所でも拝観時間と同じです。

・3月~10月 : 6:00~20:00
・11月~2月 : 6:30~20:00

 

その他に、「出雲国神仏霊場巡り」の御朱印帳(巡拝帳)があります。

 

出雲国神仏霊場巡りとは、島根県東部(一部鳥取県西部を含む)の20か所の神社と寺院の霊場を巡るものです。

 

出雲大社が第一番霊場になり、ここを起点として、宍道湖・中海を一周します。

 

この御朱印帳は、各霊場でいただいた御朱印を挟み込むようになっており、どの霊場でも購入できます。

 

 出雲大社の御朱印帳のサイズはどれくらい?

Sponsored Link

公式御朱印帳のサイズを値段と併せて紹介します。

 

公式御朱印帳は、紺色と白色の2種類があり、いずれの御朱印帳もサイズは同じで、16cm×11cmです。

 

値段も同じ1,200円です。

 

「出雲国神仏霊場巡り」の御朱印帳のサイズは、12cm×18cmより若干大きなサイズです。

 

値段は、1,500円です。

 

 出雲大社の御朱印帳は通販で購入可能?

 

関連:出雲大社の御朱印の種類と料金は?受付時間や購入場所についても

公式御朱印帳以外の御朱印帳は出雲大社周辺のお店で購うことができますが、通販でも購入できるお店があります。

 

御朱印帳専門店「しるべ」

出雲大社の「平成の大遷宮」を記念したもので、5種類あります。

・電話番号;0853-31-4355
・公式サイト;http://www.goshuinncho.jp/
・営業時間;10:00~16:00

 

一畑トラベルサービス(出雲営業所に確認のこと)

古事記編纂1500年を記念したもので、3種類あります。

・電話番号;0853-22-5906
・営業時間;9:00~18:00(日祝日は、10:00~17:00)

 

川島メノウ店

出雲大社の「平成の大遷宮」を記念したもので、1種類だけです。

・電話番号;0852-21-2996
・E-mail;post@1877.co.jp
・営業時間;9:00~18:00

 

まとめ

・出雲大社の公式御朱印帳は、神楽殿と御朱印授与所で販売している。

・出雲大社の公式御朱印帳は、2種類あり、いずれもサイズは16cm×11cmである。

・出雲大社の御朱印帳は、公式御朱印帳以外のものもあり、通販で購入できる。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:出雲大社の歴史を分かりやすく簡単に解説!昔の本殿が衝撃的な姿だった?

 

関連:出雲大社の参拝時間は朝がいい3つの理由は?何時から何時までお参り可能?

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

Sponsored Link