Sponsored Link

 

鳴女さん
この記事では、以下のお悩みを持つあなたにぴったりの内容よ。

 

  • 鹿島神宮にある要石について知りたい
  • 要石がどんな石なのか分からない

 

鳴女さん
そんなあなたに満足してもらえるように、このような情報をお話しするわね!

 

  • 要石の役割について
  •  ナマズと地震の関係について
  • 水戸黄門が要石を掘り返した結果について

 

 

鹿島神宮にある要石の大きさはどれぐらい?

石

 

鹿島人具にある要石は、表面にちょこっと出ている部分の

直径が約40センチで、高さが約15センチしかない

とても小さな石なのだわ。

 

でも、不思議なことに全体的にどれぐらいの大きさがあるのかは、伝えられていないわね。

 

次の項目で、勇敢にも要石を掘り返そうとした男の末路を紹介するわね!

 

鹿島神宮の要石は掘っても出てこない!?水戸黄門が掘り返した結果は?

 実際に要石を掘り返そうとチャレンジした猛者こそが、時代劇でおなじみの徳川光圀(水戸黄門)さんよ。

 

どうやら、黄門様の命令で家来たちが7日7晩かけて掘ったんだって。

 

でも、どれだけ一生懸命に掘っても全体を掘り返すことができなかったのだわ。

 

それどころかケガ人が出る始末で、さすがの黄門様も諦めた、とする伝説が残されているみたいね。

参考:鹿島神宮公式ホームページ

 

鳴女さん
………。正直、これは罰当たりすぎてヤバイのだわ。

 

雉野
神聖な要石を掘り返そうとしたから、本当に罰が当たったんでしょうか?

 

要石って何のためにあるの?

 

猫

 

要石の役割についてお話しすると、地震を起こすと言われている大ナマズの頭を押さえつける役割があるのだわ。

 

 これは伝説なんだけど、鹿島神宮にお祀りされている建御雷神(タケミカヅチ)さんが、この石を使ってその大ナマズを封じ込めていると伝えられているんだって! 

 

鳴女さん
だから、茨城県周辺では地震で大きな被害が起こらないという言い伝えもあるのだわ。

 

地震とナマズは関係あるの?

Sponsored Link

あなたは「ナマズが暴れると地震が起こる」という言い伝えを聞いたことはないかしら?

 

現代では全然信じられないんだけど、昔は大ナマズが地震を起こしていると考えられていたの。

 

具体的に言うと、普段は鹿島神宮の神様が要石を使って大ナマズを動かないように押さえつけているんだけど、

ふとした瞬間に動いてしまって、そのせいで地震が起こるっていう考え方ね。

参考:日本大百科全書

 

その証拠に、1855年(安政2年)10月に起こった安政大地震をきっかけにして、ナマズを描いた絵がたくさん出版されたわ。

 

これらのナマズ絵は、先ほどの「ナマズが暴れると地震が起こる」という言い伝えを基にして描かれたものよ。

 

安政大地震が起こったときは神様がいなかった?

 

もしかしたら、「神様が押さえつけているなら自信が起こらないのでは?」と思ったかもしれないけど、これにはとある理由があるわ。

 

それは、10月になると神様は神社をお留守にしてしまうのよ。

 

毎年10月(神無月)になると、島根県の出雲大社に八百万の神様が集まって会議をすると言われているの。

 

当然、鹿島神宮のご祭神であるタケミカヅチさんも会議に参加したわ。

 

 タケミカヅチさんがいなくなった隙に、大ナマズが暴れしたとする説もあるんだって! 

 

鳴女さん
調べれば調べるほど、鹿島神宮って不思議な神社だわね!

 

雉野
鹿島神宮…。なんて面白い神社なんだ!

 

まとめ

 

石

 

鳴女さん
この記事では以下のことをお話ししたわ!

 

・鹿島神宮にある要石の全体的な大きさは、全然分からない。しかし、表面に出ている部分は直径で約40センチ、高さが約15センチだ。

 

・徳川光圀(水戸黄門)が掘り返そうとしたが、7日7晩掘っても掘り返せなかった。掘っている最中にケガ人が続出して、結局あきらめた………という伝説が伝わっている。

 

・昔は大ナマズが地震を起こすと考えられていた。要石は、その大ナマズが動かないように封じ込める役割がある。

 

鳴女さん
それじゃ、次の記事でお会いしましょ!ばいばーい!

 

Sponsored Link

 

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!