スポンサーリンク

 

鳴女さん
この記事では、以下のお悩みを持つあなたにぴったりの内容よ。

 

  • 島根県で10月の異名を”神在月”という理由を知りたい

 

鳴女さん
そんなあなたに満足してもらえるように、このような情報をお話しするわね!

 

  • 島根県で神在月という理由
  • とある超有名神社との関係性

 

島根県民が神在月という理由は?島根が誇る超有名神社が関係していた?

神社の鳥居

 

島根県では毎年10月になると、あのスゴイ有名な出雲大社に全国の神社から神様が集まってくるという伝説があるのよ。

 

そんな由来があって、島根県では『神様が集まる月=神在月』って呼ばれるようになったんだって。

 

そんなに全国から集まって何をするのかというと、みんなで会議をしているのだわ。

 

神様はどんな会議をしているの?

この会議には名前があって、それを神議り(かみはかり)というの。

 

 この神議りでは、神様たちが農業や男女の縁結びについて話し合っていると言われているのだわ。 

 

鳴女さん
私の前にイイ殿方が現れないのも、会議の結果なのかしら………。

 

雉野
僕に彼女がいないのも、会議の結果なんですかね………。

 

会議に参加しない神様もいた?

スポンサーリンク

 

あ、そうそう、先ほど全国の神様が出雲大社に集まるってお話ししたけど、例外的に参加しない神様もいるのだわ。

 

それが、諏訪大社にお祀りされているタケミナカタさんよ。

 

伝説によると、タケミナカタさんはめっっっちゃ大きな体をしていたそうなの。

 

それに八百万の神様たちが

「あなたはこの会議にわざわざ参加しなくても大丈夫だから、10月になっても諏訪大社でゆっくりしていてね!」という感じで気遣ったんだって!

 

それで、タケミナカタさんは神議りに参加しなくてもよくなったみたいよ。

 

鳴女さん
うぅ………。これはめちゃ泣かせる話なのだわ………。

 

島根県以外では10月の異名をなんて言うの?

あなたもすでにご存知だと思うけど、島根県以外では10月の異名を神無月というわ。

 

これは先ほどのお話とつながるんだけど、島根県以外では神様がいない状態だから「神様がいない月=神無月」と言われるようになった………という説があるのよ。

 

鳴女さん
一説によると、鎌倉時代~戦国時代にはすでに唱えられていた説らしいわよ。

 

まとめ

メガネっ娘

 

鳴女さん
この記事では以下のことをお話ししたわ!

 

・島根県では10月の異名を”神在月”という。これは、毎年10月になると出雲大社に八百万の神様が会議のために集まる………という伝説が由来である。

 

・出雲大社で、神様たちは”神議り”という会議をしている。主に農業や、男女の縁結びについて話し合っていると言われている。

 

・一方で、島根県以外では10月の異名を”神無月”と呼んでいる。これは、島根県以外では神様がいない………という説に基づいているとされている。

 

・上記の説は、中世(鎌倉時代~戦国時代)には唱えられていたと言われている。

 

鳴女さん
それじゃ、次の記事でお会いしましょ!ばいばーい!

スポンサーリンク

 

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!