アイキャッチ

 

あなたは「神社巫女さんとして働きたいけど、仕事内容就職募集の有無が気になる…」とお悩みではないですか?

 

巫女さんに憧れる女性はかなり多いですが、普段はどんな仕事をしているのでしょうか?

 

この記事では『巫女さんの仕事内容や就職募集の有無・正職員の巫女さんの月収と年収』について解説していきます。

巫女さんの仕事内容はかなり大変だった?

Sponsored Link

 

巫女さんと言えば神社の受付にいる姿を思い浮かべますが、仕事内容はかなり多岐に渡るようです。

 

以下に正職員の巫女さんの具体的な仕事内容を紹介しているのでご確認ください。

 

・お札などの参拝者への販売
・参拝者への応対
・お札の作成
・おみくじの販売
・境内の掃除
・神職の手伝い
・事務作業、デスクワーク

出典:職業ガイド

 

上記のように様々な仕事をしていますが、特に大変な作業がおみくじやお札の運搬業務です。

 

一枚一枚は大した重さではありませんが、それが束になるとかなりの重さになります。

 

出仕(神職見習いの男性)や男性アルバイトがいない場合は、基本的に巫女さんが力仕事を担当しているようです。

 

しかし裏方で力仕事ばかり行っているのではなく、神社や神道の勉強も欠かせません。

 

たまに参拝客から、神社のことや神道についての質問を受けることがあります。

 

そのような質問にしっかりと答えられるように、巫女さんは毎日勉強を重ねる必要があるのです。

 

次の項目では、巫女さんにとって最も忙しい時期についてお話しします。

 

巫女さんが一番忙しいのは何月なの?

Sponsored Link

 

平日はあまり忙しくないのですが、年末年始になると休憩する暇もなくなるほど忙しくなります。

 

年末年始は特に参拝客への対応(お札やお守りの頒布等)に追われるためです。

 

具体的な例として東京都の明治神宮を挙げます。

 

明治神宮では初詣の期間だけで、全国から約319万人の人々が集まったことがあるそうです…!

 

お守りも求める参拝客も多く、巫女さんの負担も信じられないぐらい大きいと思います…。

 

次の項目では巫女さん特有の仕事内容についてお話ししますね。

 

巫女さんしかできない特別な仕事内容とは?

お客さんへの対応や力仕事は他の仕事でもありますが、巫女さん独特の仕事として舞の練習や披露が挙げられますね。

 

以下に宗像大社の巫女さんが舞の練習をしている動画があるので紹介します。

 

 

 細かい動作がある舞を無音で練習するなんて、本当に凄いですね!これも普段の練習の積み重ねの成果でしょう! 

 

次の項目では実際の就職募集の有無について解説しています。

 

巫女として働くには?就職募集はしているの?

Sponsored Link

 

神社での就職を考えている場合は、以下の方法で巫女の募集を探す必要があります。

 

・神社の巫女募集に応募する。(ハローワークなどで募集していることも)
・縁故。
・神社に直接問い合わせる。
・年末年始のアルバイトのツテから神社に就職する。

出典:職業ガイド

 

神社は一般企業のように大々的に募集をかけることがないので、 自ら神社とご縁を築くことが大切 です!

 

ただ、募集をしている神社を見つけても次の条件に当てはまらないと採用してくれない可能性があります。

 

  • 年齢は10代後半~20代前半(遅くても半ば)が望ましい
  • 心身共に健康な女性であること
  • 未婚であること
  • 長い黒髪であること
  • マニキュア、ピアス、指輪などのアクセサリーを付けないこと

 

若い女性にとっておしゃれ禁止なのは辛いと思いますが、神様に仕える職業なので、見た目の印象をチェックする神主さんは多いです…。

 

また、巫女さんの定年は20代後半とかなり早いです。20代後半を過ぎた巫女さんは定年退職するか、寿退職する人が多いですね。

 

正職員の巫女さんの年収と月収は何円?

巫女さん

 

基本的な月収は15万円~20万円前後で、年収は200万円~300万円前後とされています。

 

神社によってはボーナスが支給されることもあるようです。

 

しかし、給与待遇は神社によってバラツキがあるため、必ず上記の給料だとは断言できません。

 

 正規の巫女さんになるには大変ですが、あなたと神社に良いご縁ができるといいですね! 

 

まとめ

・巫女の仕事内容はかなり多岐に渡る。力仕事を行うこともある。

 

・神社は大々的に巫女の募集をしないため、自分から神社とご縁を築くことが大切だ。

 

・基本的な月収は15万円~20万円で、年収は200万円~300万円と言われている。しかし、神社によって金額やボーナスの有無は異なる。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:巫女さんが持つ鈴の名前と由来は何?起源や意味はあるの?

 

関連:神社の神主と宮司の違いは何?意味や仕事内容も異なるの?

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

Sponsored Link

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!