アイキャッチ

 

あなたは「出雲大社初詣に行きたいけど営業時間が分からない…」とお悩みではないですか?

 

24時間開放されている神社もありますが、出雲大社は季節によって営業時間が異なります。

 

時間外だと境内に入れないため、当記事をしっかりと読んで予習してくださいね!

 

この記事では『出雲大社の営業時間・初詣の参拝に最適な期間』について深堀りしていきます。

Sponsored Link

 

【2019年】出雲大社の初詣の営業時間は?

時計

 

関連:出雲大社の参拝時間は朝がいい3つの理由は?何時から何時までお参り可能?

 

関連:出雲大社のしめ縄にお金や賽銭を投げると超罰当たり?縁起が良い噂は嘘?

 

冒頭でもお話ししたように、出雲大社は季節によって営業時間が異なる神社です。

 

以下に季節ごとの営業時間をまとめたのでご確認ください。

 

【出雲大社の営業時間】

11月~2月:午前6時30分~午後8時まで

3月~10月:午前6時~午後8時まで

※12月31日は午前6時30分~終日まで

 

各月の参拝可能時間がすぎると、境内の中心部(荒垣内)が閉鎖されるため、時間には特に注意する必要があります。

 

ですが仕事や用事がなかなか終わらなかったとき、午後8時までに参拝できない可能性もありますよね…?

 

そのような場合は次の項目で解説している対処方法を行ってみてください!

 

参拝時間が過ぎてしまった場合の対処方法は?

Sponsored Link

 

参拝可能時間が過ぎた場合は銅の鳥居前から参拝することになります。

 

銅の鳥居の場所は以下の地図のとおりです。

出雲大社の境内地図

引用:http://www.izumooyashiro.or.jp/

 

銅の鳥居前から参拝してもご利益がなくなることはありません。

 

神様への崇敬や感謝の念を持っていれば、どこからお参りしても神様は見守っていてくれます。

 

参拝時間が過ぎても大丈夫なので、あせらずにゆっくりとお参りしてくださいね!

 

次の項目では初詣に神社参拝する期間についてお話しします。

 

初詣はいつまでの期間に参拝すると良い?

初詣の期間は具体的には決まっていませんが、現在では以下の考え方が根強いようです。

 

  1. 1月1日に参拝する
  2. 三が日までに参拝する
  3. 松の内までに参拝する
  4. 1月中に参拝する

 

しかし本来の初詣とは年が明けて初めて神社仏閣に参拝することです。

 

つまり1月でも2月でも、新年になって最初の参拝なら初詣になります。

 

このように初詣は厳密な期限が決まっていないので、あなたがお住まいの地域や神社によっても違ってきます。

 

そのため期間は特に気にする必要はないので、あなたの都合が良い日に参拝に行くと良いでしょう。

 

まとめ

・出雲大社は季節によって営業時間が異なる。具体的な時間は以下のとおりだ。

 

11月~2月:午前6時30分~午後8時まで

3月~10月:午前6時~午後8時まで

※12月31日は午前6時30分~終日まで

 

・午後8時に間に合わない場合は銅の鳥居前から参拝すると良い。

 

・初詣に行く期間は厳密には決まっていない。そのためあなたが都合の良い日に参拝してほしい。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:出雲大社の歴史を分かりやすく簡単に解説!昔の本殿が衝撃的な姿だった?

 

出雲大社の初詣記事まとめ:出雲大社の初詣について詳しく知りたくない?気になる全情報まとめ!

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

Sponsored Link

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!