アイキャッチ

 

初めて神前式を行うあなたは、神前式について様々なことが気になっていませんか?たとえば服装のことや費用のことなど。

 

この記事では『厳島神社の結婚式での新郎の服装・費用や平均的な神前式の相場』について解説します。

 

 一生の思い出に残る神前式になることを、お祈りしております! 

Sponsored Link

厳島神社の結婚式で新郎の服装はどれが最適?

悩む男性

 

これは厳島神社だけではないのですが、神前式の服装は和装が最適です。

 

基本的には五つ紋付き羽織袴を着る人が多いようですね。あなたも見たことがあると思いますが、以下のような服装が最適です。

 

五つ紋付き羽織袴

引用:http://chere.shop-pro.jp/?pid=62343482

 

もちろん上記の服装は新しい物を買ってもいいし、レンタルで衣装を一式借りても大丈夫です。紋付き袴は白色や灰色の衣装もありますが黒色が一番無難ですね。

 

新婦さんが白無垢で正装している場合は、必ず上記の五つ紋付き羽織袴を選んでください。

 

神社はとても神聖な場所なので服装には特に注意する必要があります。もしどうしても心配なら、厳島神社にお問い合わせするのも良いと思います!

Sponsored Link

 

厳島神社の結婚式の費用は何円?料金の相場は何円なの?

大漁のお金

 

厳島神社では挙式だけを行うことができるのですが、挙式のみで10万円の費用がかかります。

 

この10万円に含まれるのは神社への初穂料と玉串料です。初穂料は挙式自体の費用になり、玉串料はご祈祷をしていただいた費用です。

 

着付け・メイク・写真撮影の費用は含まれていないのです。そのため、これらは自腹で払う必要があります。

 

 

これから新婚生活でたくさんの費用が掛かると思うので、新郎のあなたにとっては辛いかもしれませんね…。

 

そこで神前式の料金の平均相場を調べてみました。

 

神社によって異なりますが、神前式で神社に納める費用は5万円~10万円が平均相場だそうです。なので、厳島神社での神前式は平均的な値段と言えるでしょう。

 

平均的とは言ってもメイクや写真撮影などでも費用は重なるので、10万円より高くなることは間違いありません。

 

 たしかに料金はたくさんかかりますが、一生に一度の大切な神前式を行うために、今からでも少しずつ節約するのをオススメします! 

 

まとめ

・厳島神社で結婚式をする場合、新郎の服装は黒色の五つ紋付き羽織袴が無難である。

 

・厳島神社の神前式の費用は挙式だけで10万円である。メイク・着付け・写真撮影の費用は含まれていない。

 

・神前式の平均相場は5万円~10万円である。実際は10万円を超えるため、今からでも少しずつ節約してほしい。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:厳島神社の結婚式で新婦の服装は何がいい?洋装やドレスでも大丈夫?

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

Sponsored Link

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!