アイキャッチ画像

 

神社が好きな方なら、一度は「全国の神様が一度に集まる神社がある」と聞いたことがあると思います。

 

全国には有名な神社がたくさんあるので、どの神社に集まるのかよく分かりませんよね?

 

今のあなたは「神様が集まるのは伊勢神宮だっけ?」と気になっていませんか?

 

伊勢神宮はかなり有名なので勘違いしやすいですが、実は神様が集まるのは島根県の出雲大社なのです!

 

この記事では『出雲大社に神様が集まる理由・期間中は神社に神様がいないのか?』についてお話ししていきます。

Sponsored Link

 

伊勢神宮に神様が集まるのは会議だから?

冒頭でもお話ししたように神様が集まるのは島根県の出雲大社です。

 

旧暦の10月(神無月)になると、全国の神社から会議のために神様集まってくると言われています。

 

旧暦の10月とは現在で言うと10月下旬~12月上旬です。

 

神様たちは現在でも、出雲大社でかなり大切な話し合いをしているそうですよ!それでは、次の項目で神様が行っている会議の内容をお話ししていきます。

 

出雲大社に集まる神様はどんな会議をしているの?

 

全国から集まった神様たちは神議かみはかを行っています。簡単に言うと男女の縁などを決める話し合いのことです。

 

これはあまり知られていないのですが、神様は男女の縁だけを決めているのではないようです!

 

私たちが生きる上で起こる様々なことを、神議りによって決めているのです。たとえばお金とのご縁や人と人のご縁などですね。

 

男女の縁だけを決めていると思われがちですが、いろんなご縁を結んでいるということですね!

 

神様が会議を行う場所はどこ?

Sponsored Link

実際に神様が神議りを行うと伝えられている場所があります。それは出雲大社の境外にあるかみみやと呼ばれている神社です。

 

全体の見た目は下記のとおりです。

 

出雲大社・摂社「上宮」

引用:出雲大社・御朱印

 

神様の会議中は小さな拍手がいい?

Sponsored Link

 

あなたは神様にお参りするときに大きな音で拍手をしていませんか?

 

 私も神様にお願いごとを聞いてもらいたくて、ついつい大きな拍手をしてしまうことがあります(笑) 

 

しかし、この期間は小さな音で拍手をするのが良いと言われています。

 

これは島根県で伝わっているのですが、神様たちが話し合いしやすいように気遣うのが大切なようです。

 

私たち人間も同じですが、話し合いは静かな環境で行いたいですよね!

 

もしこの期間中に出雲大社に行くならお気遣いの気持ちを表して静かな音で拍手をしてほしいと思います!

 

 神様を気遣って、あなたも様々なご縁を結んでもらいましょう! 

 

神無月は全国の神社からご祭神がいなくなる?

メガネの女性

 

神様の中には出雲大社に行かない神様もいると言われています。

 

たとえば、田んぼの神様や家を守ってくれる神様は出雲大社には行かないようです。

 

伊勢神宮の天照大御神や諏訪大社のタケミナカタ神も、会議には参加しないとする説もあります。

 

このように様々な説があるので、行く神様と行かない神様のはっきりとした区別は現在もついていないようです。

 

 少なくとも行かない神様もいるので、全国の神社からご祭神がいなくなることは無いと思います(^^;) 

 

まとめ

・神無月に神様が集まるのは島根県にある出雲大社である。

 

・神様たちは神議かみはかによって、お金や人とのご縁など様々な縁を結んでいる。

 

・出雲大社に行く神様と行かない神様は、現在でもはっきりとした区別がついていない。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:出雲大社の歴史が凄すぎる!?分かりやすく簡単に解説します!

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

Sponsored Link

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!