アイキャッチ

 

あなたは「伊勢神宮初詣お賽銭何円が良いのかな?」と気になっていませんか?

 

初詣ではお賽銭箱にお賽銭を納めますが、金額を意識することは少ないと思います。

 

ですがお賽銭には縁起が良い総額があるそうですよ!

 

この記事では『伊勢神宮の初詣のお賽銭に最適な金額』について深堀りしていきます。

Sponsored Link

伊勢神宮の初詣のお賽銭の金額や総額はいくらが良い?ご利益があるのは何円?

悩む女性

 

関連:【2019年】伊勢神宮の初詣は寒い?服装や1月の気温と天気予報は?

 

関連:【2019年】伊勢神宮の初詣は朝や深夜の夜間参拝はOK?参拝時間は何時まで?

 

伊勢神宮を含む全国の神社では、お賽銭の具体的な金額は決められていないので、何円でも大丈夫です。

 

しかし少しでもご利益にあやかりたいなら、以下の金額をおすすめします!

 

※すべて5円玉換算

1枚(5円)ご縁がありますように
2枚(10円)重ね重ねご縁がありますように
3枚(15円)十分ご縁がありますように
4枚(20円)よいご縁がありますように
5枚(25円)二重にご縁がありますように
6枚(30円)安定と調和のとれたご縁がありますように
7枚(35円)再三ご縁がありますように
8枚(40円)末広にご縁がありますように
9枚(45円)始終ご縁がありますように
10枚(50円)10倍のご縁がありますように
11枚(55円) 午後に投げることでご縁がある
21枚(105円)盛りだくさんのご縁がある、十分にご縁がありますように、
23枚(115円) いいご縁がありますように
25枚(125円)十二分にご縁がありますように

 

縁起が悪い金額

13枚(65円) ろくがご縁にあわない
15枚(75円)泣くようなご縁にあってしまう
17枚(85円)矢継ぎ早にご縁を受けられる
19枚(95円)苦しいご縁にあう

出典:お賽銭の金額の意味とは!迷った時はこれをチェック

 

次の項目では伊勢神宮でお賽銭を納めるときの注意点を解説しています。

 

伊勢神宮ではお賽銭が禁止されていた?お賽銭箱もない?

Sponsored Link

 

信じられないかもしれませんが、実は伊勢神宮の内宮と外宮にはお賽銭箱がありません。

 

もともと伊勢神宮では天皇以外のお供え物を禁止していました。

 

これを私幣禁断しへいきんだんといいます。

 

つまり私たち一般人はお賽銭の奉納を許されていなかったのです。

 

そのため現在になっても内宮と外宮にはお賽銭箱がありません。

 

ですが実際にお参りに行くと、白い垂れ幕の下に布が敷かれており、その上にお賽銭が投げられているのが分かると思います。

 

あの布は賽銭箱ではなく、参拝客が知らずにお賽銭投げるため仕方なく敷いてあるだけです。

 

しかし別宮にはお賽銭箱が設置されているので、そちらでお賽銭を納めてほしいと思います!

 

伊勢神宮の別宮は以下のとおりです。

 

【内宮の別宮】

  1. 荒祭宮あらまつりのみや
  2. 月読宮つきよみのみや
  3. 風日祈宮かざひのみのみや
  4. 伊雑宮いざわのみや
  5. 瀧原宮たきはらのみや
  6. 倭姫宮やまとひめのみや

 

【外宮の別宮】

  1. 多賀宮たかのみや
  2. 土宮つちのみや
  3. 月夜見宮つきよみのみや
  4. 風宮かぜのみや

 

別宮だとお賽銭の奉納が許されているので、くれぐれもお賽銭は別宮に納めるようにしてくださいね。

 

まとめ

・伊勢神宮を含む全国の神社ではお賽銭の具体的な値段は決められていない。

 

・伊勢神宮の内宮と外宮ではお賽銭が禁止されている。お賽銭箱も設置されていない。

 

・両宮の別宮ではお賽銭の奉納が許可されている。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:伊勢神宮の初詣客の人数は何人?過去の参拝者数を全国の神社と比較!

 

関連:伊勢神宮の初詣について詳しく知りたくない?気になる全情報まとめ!

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

Sponsored Link

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!