アイキャッチ

 

おそらくあなたは「宵山でのおすすめデートスポットが知りたい!」「彼女をリードしてイイところを見せたい!」と悩んでいると思います。

 

正直に言うと 宵山はデートには向かない です。

 

この記事ではカップルに宵山デートをおすすめしない2つの理由をお話ししています。

スポンサーリンク

祇園祭の宵山をカップルにおすすめしない2つの理由は?

落ち込む男性

 

たしかに祇園祭の宵山はカップルのデートスポットとしても大人気ですが、私は行かない方がいいと思います。

 

 彼女に不快な思いをさせてはいけないので、以下の理由をよく確認してくださいね! 

 

理由その1:人混みが多すぎる

 

これこそが宵山に行かない方がいい最大の理由です。

 

特に前祭の宵山期間中(7月14日~7月16日)は信じられないぐらいの観光客であふれ返っています。それこそ前に進めないぐらいの人数です。

 

下記に実際の様子が分かる動画を紹介しておきますね。

 

 

恐るべきことに16日だけでこの人数なのです。14日と15日も同じぐらいの人ごみになると考えられます。

 

 こんな状態がずっと続くと彼女だって疲れちゃいそうですよね…。 

 

前祭の宵山には何人の観光客がいたの?

スポンサーリンク

 

一例として2017年の宵山に訪れた人数を調べてみました。毎日新聞の公式サイトに情報があったから引用しますね。

 

3連休の中日とあって32万人(午後11時現在、京都府警発表)な大勢の家族連れらが街に繰り出し、祭りの風情を楽しんでいた。

出典:毎日新聞公式サイト

 

午後11時でこれだけの人数なら、朝やお昼は何人いたのでしょうか…?ちなみに、32万人と言うと東京都新宿区の人口とほぼ変わりません。

 

 もはや前祭の宵山は、快適なデートスポットとは言えないかもしれません。 

 

後祭も人混みが激しい?

スポンサーリンク

 

 

宵山には後祭(7月21日~7月24日)もありますが、後祭でもかなりの人数になります。

 

2016年のデータでは7万5千人が訪れたそうですよ。32万人よりは少ないですが、さすがにこれでも多いです…。

 

後祭の宵山の様子が分かる動画も紹介しておきますね。

 

 

理由その2:京都の夏は本当に暑い

照りつける太陽

 

これは大切な彼女の命にも関わる可能性があるので、本当によく確認してください!

 

京都は山に囲まれた盆地なので風の影響を受けにくく、熱が逃げにくいという特徴があります。

 

つまり、熱中症になってしまう可能性も0ではないということです。2017年の宵山は以下の気温でした。

 

7月14日 7月15日 7月16日
最高気温 32.7℃ 35.8℃ 35.2℃
最低気温 26.4℃ 25.8℃ 25.9℃

出典:goo天気

 

京都の夏はまるでサウナに入っているようなジメジメ、ムシムシした暑さになります。

 

 この暑さ+あの人ごみなので、不快度指数的にはかなり高いでしょう。 

 

京都市観光協会も熱中症について注意しています。

 

園祭、特に宵山、山鉾巡行の行われる頃は梅雨明け時季にあたり、大変な暑さとなります。園祭にお出かけの際は、水分補給や帽子の着用など熱中症対策を十分にお取り下さい。

出典:京都市観光協会公式サイト

 

どうしても宵山デートをしたい場合は?行くなら覚悟が必要?

 

叫ぶ男性

 

人ごみの多さと暑さに目をつむれば、宵山はかなり楽しいデートスポットになりますよ!

 

宵山デートをするなら主に以下のスポットが考えられます。

 

  1. 山鉾に登る
  2. 屋台を巡る
  3. ちまき(お守り)を買う
  4. オリジナルグッズを買う

 

もし行くなら彼女にも人混みの多さと、熱中症になる危険性も伝えてあげてくださいね!

 

2つの注意点をふまえた上で、どうしても宵山デートをしたいのなら以下の記事が参考になります。

 

関連:祇園祭で山鉾に登る女性必見!搭乗時の服装と女人禁制の山鉾は?

 

関連:祇園祭の全ちまきの販売期間はいつからいつまで?購入場所と価格は?

 

関連:祇園祭の宵山は雨天時だと中止?雨の山鉾巡行に便利な持ち物は?

 

関連:祇園祭の宵山の屋台は時間帯が決まってる?何時から食事できるの?

 

関連:祇園祭の宵山ではグッズが買える?ちまきの種類とご利益が多い?

 

まとめ

・正直に言うと祇園祭の宵山デートはカップルにはおすすめしない。その理由は2つある。

 

・1つ目は人混みが激しい点だ。前祭では32万人、後祭では7万5千人もの観光客が訪れた。

 

・2つ目は熱中症になる可能性がある点だ。京都の夏はジメジメ、ムシムシした暑さが特徴である。

 

 彼女にも上記の理由を必ずお伝えしてほしい。 

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:祇園祭の宵山について詳しく知りたくない?気になる全情報まとめ!

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

スポンサーリンク

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!