アイキャッチ

 

家族で神幸祭を見に行くならしっかりとした予習が必要です。家族には頼りないところを見せるわけにはいきませんよね!

 

この記事ではお神輿が通るルートと詳しい時間帯、神幸祭かんこうさい神輿渡御みこしとぎょの意味をお話ししています。

 

この記事を全部読んで もっと尊敬されるお父さんになってくださいね! 

 

神幸祭のお神輿が通るルートはどこ?

考えるポーズの人形

 

祇園祭関連:祇園祭ではきゅうりを食べてはいけない?きゅうり封じの由来とは?

 

八坂神社の公式サイトからルート情報が分かる画像を紹介します!

 

下記の画像をしっかりと確認してくださいね。この記事をお気に入り(ブックマーク)に登録すると便利ですよ!

 

祇園祭のお神輿のルート

引用元:http://www.yasaka-jinja.or.jp/images/event/img_map_shinkou.jpg

 

お神輿が見られる時間帯は何時?

下記に時間帯を細かくまとめているので、ぜひ参考にしてください。

 

  1. 【16時】3基のお神輿が八坂神社本殿を出発する。
  2. 【18時】神輿渡御が行われる。
  3. 【18時30分】八坂神社の石段下に3基のお神輿の差し上げが始まる。
  4. 【20時~21時】3基のお神輿が四条御旅所に到着する。

参考:八坂神社公式サイト

 

※上記の時間帯はあくまでも目安です。悪天候による時間の前後には注意してください。

※神輿渡御は必ず歩道から見物してください。お神輿の追跡も禁止されています。

 

神幸祭が行われる意味は?

Sponsored Link

 

『世界大百科事典 第2版』によると、神幸祭には以下のような意味があります。

 

神霊の来臨,移動を中心とする神事。

出典:『世界大百科事典 第2版』

 

もっと簡単に説明すると、神様が普段お祀りされている神社から離れて外に出ることですね。

 

それと、お神輿に乗って外に出て行った神様が神社に戻ってくる行事を還幸祭と言うんですって!

 

神輿渡御の意味は何?

 

考える女性

 

祇園祭関連:祇園祭の稚児が人形の理由を知ってた?山鉾の歴史と関係あり?

 

神輿渡御みこしとぎょとは氏子地域の平和や、穏やかな生活を祈願するための行事です。

 

 これは私の考えですが、お神輿の神様が京都の街を見守ってくれているのかもしれないですね! 

 

お神輿には何の神様が宿っているの?

神幸祭で使われるお神輿には、八坂神社にお祀りされているスサノオノミコトの家族がお祀りされています。

 

具体的に説明すると以下の神様ですね。

 

  • 中御座神輿=スサノオ(八坂神社の主祭神)
  • 東御座神輿=クシナダヒメ(スサノオの奥さん)
  • 西御座神輿=八柱御子神(スサノオの8人の子供)

 

以下の記事で3基のお神輿をかなり詳しく解説しているのでぜひチェックしてください!

 

関連:祇園祭の神輿は何種類あるの?担ぎ手の団体と神様の名前は?

 

まとめ

・お神輿のルートは記事内の画像を参照してほしい。

 

神幸祭は16時から始まり、神輿渡御は18時から始まる。ただし、天候などによって時間が前後する場合もある。

 

・神幸祭とは、神様が普段お祀りされている神社から離れて外に出ることである。

 

・神輿渡御とは、氏子地域の平和や穏やかな生活を祈願するための行事である。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:祇園祭のお神輿について詳しく知りたくない?気になる全情報まとめ!

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

Sponsored Link

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!