Pocket

 

スポンサーリンク

 

鳴女さん
あなたはこんなことで悩んでないかしら?

 

  • 祇園祭の神幸祭の掛け声「ほいっと!ほいっと!」の意味が分からない

 

鳴女さん
あなたの悩みを解決するために、以下のお話をするわね!

 

  • 「ほいっと!ほいっと!」の意味が分かる、2つの説を分かりやすく紹介

 

雉野
この記事を最後まで読むと、こんなにも良いことがあります!

 

  • 不思議な掛け声の意味が分かる!
  • 2つの説があるので、どちらの説でも考えられる!

 

祇園祭の神輿の掛け声には意味があるの?語源を知れば納得できる?

アイキャッチ

 

祇園祭の神輿関連:祇園祭の神輿のルートや時間は?神幸祭と神輿渡御の意味は?

 

神幸祭でお神輿を担ぐときには

「ほいっと!ほいっと!」

っていう掛け声をしているのだわ。

 

一見すると何の意味もない言葉に思えるけど、

実はちゃんと意味があるのよ。

 

鳴女さん
ここでは、ネット上で見つけた2つの説を分かりやすく紹介するわね!

 

昔の京都の文化と関係がある説

スポンサーリンク

 

この説は、京都にある高瀬川が関係しているという説よ。

 

高瀬川は慶長19年(1614年)に角倉了以すみのくらりょうい

親子によって切り開かれてできた、人工川なの。

 

あ、そうそう、高瀬川はこんなにもキレイな

風景をしているわよ!

 

高瀬川の風景が分かる画像

 

当時、高瀬川は京都~伏見までの荷物を輸送する

河川舟運として使われていたんだって。

 

河川舟運の名前のとおり、荷物を運ぶためには

舟を使う必要があるのだわ。

 

そこで、船頭さんが荷物を降ろすときに

「ほいっとほいっと」

という掛け声を使っていたんだって!

 

 その後、「船頭さんの掛け声が、お神輿を担ぐときの掛け声になった………」 

 

というのがこの説よ。

 

ほいっとの「ほい」に意味がある説

うれしい

 

祇園祭の神輿関連:祇園祭の神輿は何種類あるの?担ぎ手の団体と神様の名前は?

 

これは先ほどとは違って、言葉自体に意味があるという説よ。

 

そもそも「ほい」っていう言葉には

以下のような意味があるわ。

 

物を担いだり、動かしたり、手渡したりするときの掛け声。「えっさほいさっさ」

出典:『デジタル大辞泉』

 

少しだけあなたにも考えてほしいんだけど、

お神輿って担いだり、動かしたりするわよね?

 

お神輿を担ぐときの動作って、

上記の意味にぴったりと当てはまらないかしら?

 

当然のことながら、お神輿は担がないと動かせないしね。

 

 だから、担ぐときの掛け声である「ほい」が転じて「ほいっと!ほいっと!」になったというのが、二つ目の説よ。 

 

鳴女さん
私的には、二番目の説はすごく納得できるのだわ!意味もぴったりだし!

 

鳴女さん
この記事で紹介した説は一例だから、他にも説があるかもしれないわね!

 

雉野
地元の人に聞いてみると、面白いお話が聞けそうですね!

 

まとめ

お神輿

 

お神輿の記事まとめ:祇園祭のお神輿について詳しく知りたくない?気になる全情報まとめ!

 

鳴女さん
この記事では以下のことをお話ししたわ!

 

・祇園祭の神幸祭で、お神輿を担ぐときの掛け声の意味を調べてみると

二つの説を発見した。

 

・一つ目は、京都の高瀬川で荷物の積み下ろしをしていた

船頭さんが使っていた「ほいっとほいっと」が語源になった、という説だ。

 

・二つ目は、「ほい」という言葉の意味が関係しているという説だ。

物を担ぐ、動かす、手渡しするときの掛け声(ほい)が転じて

「ほいっと!ほいっと!」になったとされている。

 

 個人的には、二番目の説は納得ができる。「ほい」の意味が、お神輿の動作と合っているからだ。 

 

鳴女さん
それじゃ、次の記事でお会いしましょ!ばいばーい!

 

スポンサーリンク

 

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしているわよ!