アイキャッチ

 

とても残念ですが、基本的には祇園祭のちまきは食べられません…。

 

もち米で作られていなければ、あんこも入っていません。外も中身も全部笹の葉で作られています。

 

しかし!

 

数は少ないですが、食べられるちまきを売っている山鉾もあります!

 

この記事では食べられるちまきの材料と感想・購入場所と値段などについてお話ししています。

 

食べられるちまきは とても人気があってすぐに売り切れる ので注意してくださいね!

 

Sponsored Link

 

食べられるちまきはどこで販売するの?

悩む女性

 

祇園祭関連:祇園祭の全ちまきの販売期間はいつからいつまで?購入場所と価格は?

 

冒頭でもお話しした食べられるちまきは、黒主山くろぬしやまという山鉾で販売されていますよ!

 

 このちまきは元々の販売数も少ない限定品です。なので「買えたらラッキー!」ぐらいに思っていた方がいいかもしれません(笑) 

 

次の項目で、黒主山の場所とちまきの価格などをお話ししています!

 

黒主山の場所とちまきの価格は?販売時間と期間は?

黒主山の住所は中京区室町通六角通上ル烏帽子屋町です。

 

分かりやすいように地図を用意していますので、ご確認ください。

引用:グーグルマップ

 

販売期間・販売開始時間・価格・販売数は以下の通りとなっています。

 

  • 販売期間:7月21日(土)~7月23日(月)
  • 販売開始時間:16:00~
  • 価格:3本で1500円
  • 販売数:合計100個

参考:食べログ

参考:阪急電鉄公式サイト

 

 これは余談ですが、2015年の7月21日は販売開始から20分で全部売り切れたそうです…。 

 

黒主山はこんな見た目をしています。

 

黒主山の見た目が分かる画像

 

食べられるちまきの材料と見た目は?

Sponsored Link

 

一般的なちまきはもち米や砂糖が使われていますが、黒主山のちまきはお麩と黒糖を使っているようです!

 

下記に見た目が分かる画像を紹介しているのでご確認ください。

黒主山で買える食べられるちまき

引用:https://tabelog.com/matome/5105/

 

実際に食べた人の感想は?

おやつを食べる女性

 

祇園祭関連:祇園祭の宵山は人出が激しくて大混雑?人ごみの予想と歩行者天国は?

 

祇園祭関連:祇園祭で山鉾に登る女性必見!搭乗時の服装と女人禁制の山鉾は?

 

「食べログ」で黒主山のちまきの感想を見つけたので、紹介しますね!よければ参考にしてください。

 

黒糖風味のちまき麩で、味わいは麩まんじゅうのようなスイーツ感の強いものかと思いきや

結構「麩」の風味が強く、食事的な印象。それでいて黒糖の甘みがあるという一風変わった内容。

甘さは、一応抑えられてはいるのかなといった感じです。

「ふわっ」というよりも、結構弾力がしっかりめ。食べ応えも抜群です。

出典:食べログ(リンク切れ)

 

 私はまだ食べたことが無いのですが、上記の感想を見ていると食べたくなってきました(笑) 

 

食べられるちまきが作られた理由は?

私たちは「ちまき」と聞くと、子供の日に食べる甘いちまきをイメージしますよね!

 

でも、祇園祭のちまきは食べられないのが当たり前なのです。

 

食べられるちまきが販売される前、そのことを知らない観光客はがっかりしたそうです。

 

「なんで祇園祭のちまきは食べられないの?」という、観光客の声を聞いた黒主山保存会の大田正樹理事長が、食べられるちまきを発案しました!

 

私は甘いお菓子が大好きなので、理事長の判断はあっぱれだと思います(笑)

 

 食べられるちまきは3日間販売しているので、あなたはぜひ手に入れてくださいね!応援しています! 

 

まとめ

・食べられるちまきが販売されている山鉾は黒主山だ。詳細情報は以下のとおりである。

 

  • 購入場所:中京区室町通六角通上ル烏帽子屋町
  • 販売期間:7月21日(土)~7月23日(月)
  • 販売開始時間:16:00~
  • 価格:3本で1500円
  • 販売数:合計100個

 

・一般的なちまきはもち米と砂糖を使うが、黒主山のちまきは材料にお麩と黒糖を使っている。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:祇園祭のちまきについて詳しく知りたくない?気になる全情報まとめ!

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

Sponsored Link

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてくださいね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしています!