Pocket

 

スポンサーリンク

 

鳴女さん
さて、今回のお題は「七五三とお宮参りは一緒にしてもいいのか?」についてお話するわね。

 

雉野
その前に「七五三とお宮参りでは何が違うのか?」を鳴女さんがお話しますから、僕と一緒に七五三とお宮参りの基本をおさらいしましょう!

 

そもそも七五三とは何のための行事なの?由来は?

 

 

鳴女さん
最初に「七五三」とはどんな行事なのか?どんな由来があるのか?について紹介するわね!

 

雉野
僕も七五三のとき、地元の神社にお参りしたことはありますが、何でお参りするのか意味は全然知りません。

 

鳴女さん
七五三はあなたのお子さんにとってすごく大切な行事だから、ぜひ意味を覚えておいてね!

 

鳴女さん
そもそも七五三とは、子供の健やかな成長と健康を願って神社にお参りするという大切な行事なのよ。

 

鳴女さん
あなただってカワイイお子さんには、いつまでも元気で健康に過ごしてもらいたいわよね!

そのため、数え年の11月15日には神社で神様に感謝をして、今後の健康を祈りましょう!という伝統的行事なのよ。

 

雉野
へー!そんな意味があったんですか!?たしかに、お子さんがいるご両親にとったら非常に大切な行事ですよね。

 

雉野
それで師匠。七五三の起源と由来って何なんですか?

 

鳴女さん
そうね。両方とも紹介しなきゃだわね!

 

鳴女さん
元々、七五三の起源はかなり古くて室町時代が発祥だと言われているわ。室町時代は1336年~1573年だから、今から約680年ぐらい前ね。

 

雉野
ええ!そんなに古くからあったんですか!意外だなぁ。僕は昭和ぐらいに始まったのかと思っていました(笑)

 

鳴女さん
そうよ!実はめちゃくちゃ古かったのだわ。

 

鳴女さん
それから全国に広がったのは江戸時代だと言われているわ。江戸時代は1603年~1868年だから、今から約400年前には全国的に広まっていたようね。

 

雉野
知らない事ばかりでした。昭和とか言っていた僕が恥ずかしい………。

 

七五三で神社に参拝する年齢は何歳?

 

鳴女さん
お参りする年齢については説明するまでもないかもしれないけど、一応お話しておくわね。

 

雉野
それは僕でも分かります!名前の通り、三歳と五歳と七歳ですよね?

 

鳴女さん
その通りなのだわ!確かに年齢は合っているんだけど、性別によってお参りする年齢が違うからそこはお話しておくわね。

 

鳴女さん
あ、そうそう、一つ注意してほしいことがあるのだわ。七五三に行く年齢は数え歳で数えるの。

数え歳とは生まれた年を一歳として、年が変わるごとに一歳ずつ足していく数え方よ。

 

鳴女さん
男の子の場合は三歳と五歳女の子の場合は三歳と七歳だから、間違えないでね!

 

七五三に行くときの時間帯は何時でもいいの?

 

 

雉野
師匠。由来と年齢は分かったんですけど、お参りの時間についてはネットでも詳しい情報が見つかりませんでした………。

「絶対にこの時間じゃないとダメ!」ってことはないんですかね?

 

鳴女さん
そうね。時間については特に決められていることはないわ。個人の考えによって変わってくるわね。

 

鳴女さん
だから、ここからは「キジの鳴女さん」の考え方になるわね。

参考にするかどうかは、あなたの判断にお任せするわ!

 

鳴女さん
私は午前~正午の間に行くのがちょうどいいと考えているの。

それは神社にお参りするときに良いと言われる時間と同じなんだけど、陽と陰が関係していると思っているわ。

 

鳴女さん
神社の参拝時間については私たちの別の記事で詳しく解説しているから、↓の記事をぜひ参考にしてね!

 

関連:あなたの神社お参り方法は大丈夫?願い事を叶える作法のコツ9選!

 

七五三の服装は何を着ていくのが正解?私服じゃダメなの?

 

 

鳴女さん
ムムム………。お子さんの服装についてはかなり悩むご両親が多いんじゃないかしら?

 

雉野
そうですよねぇ。高くても子供の思い出に残る着物にするか、安くても他の行事で使えるスーツにするか、僕が親だったら悩みそうな問題です。

 

鳴女さん
七五三に着ていく服装については、かなりの情報があるから別の記事で紹介するわ。

お手数をおかけして申し訳ないんだけど、↓の記事をチェックしてね!

 

関連:あなたは迷ってない?七五三でお参りする子供の服装の長所と短所とは?

 

七五三ではお金(初穂料)を何円持っていけばいいの?

 

 

 

鳴女さん
七五三の基本情報はこれで最後だから、張り切ってお話するわよー!次は、気になるお金についての紹介ね。

 

雉野
お金の問題って本当に神経を使いますよね………。

少なすぎたら「なんて常識がない家族なんだ!」とか思われそうだし………。

 

鳴女さん
それよ!特に私は高天原のアイドルだから、人の目はかなり気になるのだわ………。

アイドルじゃなくても、あなただってそんなこと思われたくないわよねぇ………。だから、この項目はしっかりとチェックしてほしいのだわ!

 

鳴女さん
さて、とても気になる金額なんだけど、5,000円~1,0000円が一般的な相場だと言われているわ。

 

鳴女さん
基本的には、お祓いだけをしてもらったら5,000円で、お祓い+お守りやお札をくれた場合は10,000円を献上する人が多いようね。

 

鳴女さん
それと、神社によってはきちんと金額を決めているところもあるみたいだから、お参りする神社のホームページなどを見て確認かお問い合わせするといいのだわ!

 

鳴女さん
あ、そうそう、初穂料(はつほりょう)の説明を忘れていたわ。初穂料とは神社でご祈祷をしてもらったときに渡すお金のことよ。

 

鳴女さん
昔は神様への捧げものとして、お米や農作物を実際に神社へ捧げて、感謝とお祈りをしていたのが始まりと言われているの。

「初穂料」とはその名残なのだわ。その名前から見て本当に農作物を捧げていたことが分かるわね!

 

 

お宮参りは何のためにある行事なの?お参りする神社はどこでもいい?

 

 

 

鳴女さん
さて、ここからはお宮参りの基本的なお話をしていくわ!

 

雉野
七五三とお宮参りは同じようなイメージがあったんですけど、何か違うところがあるんですか?

 

 

鳴女さん
雉野!あなた何を言ってるの!七五三とお宮参りじゃDVDとブルーレイディスクぐらい違うわよ!

 

雉野
何ですかそのヘタクソな例え。

 

鳴女さん
私の例え力はともかく、七五三とお宮参りは少し違うからこの機会にあなたもおさらいしてみてね!

 

鳴女さん
早速違うポイントなんだけど、七五三は子供の成長と健康を願うのに対して、お宮参りは赤ちゃんが無事に生まれたことを神様に感謝し、成長をお祈りする行事よ!

 

鳴女さん
まぁ、今後の成長を祈願するのは同じだけど七五三は数回のお参り、お宮参りは一度だけのお参りという違いがあるわ。

 

鳴女さん
お宮参りとは、生まれた土地を守ってくれる神様(氏神様)に一生の健康をお祈りしたことが始まりよ。

ちなみに、お宮参りと呼ばれ出したのが室町時代だから七五三が始まったのとちょうど同じ時代になるわね!

 

鳴女さん
生まれた土地を守ってくれている神様に感謝の報告をしにいくことが大切だから、家の近くにある神社にお参りすれば大丈夫よ!

近所じゃなくても、特にお参りしている神社や遠く離れた神社にお参りしても全然問題ないのだわ!

 

鳴女さん
それと、現代の人は本当に信じられないと思うんだけど、室町時代以前は出産が「汚れているもの」だと信じられていたのだわ!

 

鳴女さん

同じ女性として、今の時代にそんなこと言ってるヤツがいたら私の自慢のクチバシで突きまくってやるんだけど、昔と今じゃ価値観が違うから文句は言えないのだわ。

 

雉野
「師匠は女性じゃなくてメス」とかツッコんだら突かれそうだから言うのやめとこう………。

 

鳴女さん
ムッ………。雉野。何か言いたそうな顔してるわね。………まあいいのだわ。

実は、室町時代以前の名残が現代でも残っていて、それが父方の母(おばあちゃん)がだっこする風習となっているんだって!

 

雉野
ああ!それで僕のお宮参りの写真ではおばあちゃんにだっこされてたんですね!やっと納得できました!

 

お宮参りに神社へ行く年齢は何歳がいいの?

 

 

鳴女さん
年齢については七五三と全然違うわ。さっきもお話ししたとおり、七五三は数回だけどお宮参りは一回だけよ。

 

鳴女さん
基本的には赤ちゃんが生まれてから、一ヶ月ぐらいでお参りするのが良しとされているわね。それと、性別によって少し日にちがずれるわ。

 

鳴女さん
男の子は生後31日目、女の子は生後33日目にお参りすると言われているの。30日ぐらいでお宮参りする親御さんもいるみたいね。

 

鳴女さん
ここで気を付けてもらいたいのは「絶対この日じゃないとダメ!」という決まりはない、ということよ!

だってそうじゃない。お宮参りが真夏や真冬にかぶったら、あなたの大切な赤ちゃんが体調を崩しちゃうわ。

 

鳴女さん
それに、出産を頑張ったお母さんの体調も悪くなったら赤ちゃんも不安になるのだわ。

だから、お参りしやすい季節に合わせて神社へ行くのが一番いいわね!

 

雉野
一生に一回の大切な行事ですから「楽しい思い出が残るような時期に行けばいい!」ということですね!

 

お宮参りに行く時間帯は何時ぐらいがちょうどいい?

スポンサーリンク

 

 

鳴女さん
時間についても明確な決まりはないくて私の考えになるんだけど、お宮参りは午前中がいいと考えているわ。

 

雉野
何か理由があるんですか?

 

鳴女さん
ええ!理由ありありよ!そもそもお宮参りとは”生後一ヶ月”の赤ちゃんが行くでしょ?午後から行ったら赤ちゃんがお昼寝タイムに突入すると思うのよ。

赤ちゃんによってお昼寝タイムの違いはあるだろうけど、私が午前中をおすすめする理由はもう一つあるのだわ!

 

鳴女さん
七五三のお話のときにも言ったんだけど、神社にお参りするときは陽のパワーが高まる午前中にお参りするといいとされているのだわ!

 

鳴女さん
もちろん「午前中にはどうしてもムリ!」という場合は午後からお参りしてもまったく問題ないわ!

時間は完全にあなたのご都合にお任せするのだわ。正式に決められてないからね!

 

お宮参りに着ていく衣装はどんな服がいい?好きな恰好でもいいの?

スポンサーリンク

 

 

雉野
ところで師匠。七五三とお宮参りでは似ている部分もあったんですけど、服装はどうなんですか?

 

鳴女さん
正直、服装も同じなのだわ。ご両親やおじいちゃん、おばあちゃんは派手すぎない色で動きやすいスーツが無難ね。

 

鳴女さん
大切な赤ちゃんの祝い着なんだけど、男の子は黒系の祝い着に父方の家紋を両胸、背中、両袖の裏側、計五ヵ所に入れるのがいいみたいね。

 

鳴女さん
女の子は赤系の祝い着で、家紋は入れないのが基本的な服装みたい。

 

鳴女さん
せっかくの晴れの日だから、性別に関係なく略式ではない服装もアリかもね!

 

鳴女さん
でも、お宮参りはそのときの季節や気温にも左右されるから快適な服装が一番いいと思うわ!

 

鳴女さん
それと、主役はあくまでもあなたの赤ちゃんだから、他のご家族が目立たないような服装が良いとされているわね!

 

お宮参りにお金は必要?持っていくとしたら料金は何円がいい?

 

 

鳴女さん
お宮参りの初穂料も七五三のときの相場と同じなのだわ。

前のページでお話しているから参考にしてみてね!

 

超気になる!お宮参りと七五三は同じ日にしても大丈夫なの?

 

 

雉野
さて、師匠!記事のお題でもある「七五三とお宮参りは一緒にしてもいいのか?」という項目ですが、師匠はどう考えますか?

 

鳴女さん
そうね。私の考えは、時期が重なったら仕方ない!と思っているのだわ。

 

鳴女さん
お宮参りは「絶対にこの日じゃないとダメ!」って決められてないし「七五三と同じ日にしてもダメ!」とも決められていないから、完全にあなたのご都合に合わせてもらって大丈夫よ!

 

鳴女さん
どうしてもかぶっちゃったら仕方ないものね。きちんと決められてない以上、誰にだって文句は言えないのだわ!

 

まとめ

 

 

 

鳴女さん
それでは、今からまとめるわね!

 

①七五三とお宮参りの意味

 

七五三

意味は「子供の健やかな成長と健康を願って神様にお参りをする」という意味である。

 

お宮参り

意味は「生まれた土地を守ってくれている神様(氏神)に赤ちゃんが無事に生まれてきたことを報告し、今後の成長をお祈りする」という行事である。

 

②七五三とお宮参りを行う年齢について

 

七五三

数え歳の11月15日に神社へお参りする。男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳にお参りする。

 

お宮参り

赤ちゃんが生まれてから約一ヶ月でお参りする。男の子は生後31日、女の子は生後33日にお参りするのが一般的とされている。

しかし、特に明確な決まりはないため、赤ちゃんやお母さんの体調が良いときにお参りするのが一番良い。

 

③七五三とお宮参りに行く時間帯について

 

七五三とお宮参りも共通

お宮参りも良いパワーが高まると言われる午前中にお参りすると良いとされているが、特に決められていないため何時にお参りしても問題ない。赤ちゃんの元気が良い時間帯にするのがおすすめである。

 

④七五三とお宮参りに着ていく服装について

 

七五三

男の子は袴でもスーツでも良い。お参りはスーツで撮影時は袴にする子もいる。しかし、五歳の七五三では袴と決められている。

 

女の子の場合は着物、ドレス、スーツ、洋服でも良い。

 

お宮参り

男の子は黒系の祝い着の両胸、背中、両袖の五ヵ所に父方の家紋を入れるのが良いとされる。

 

女の子は赤系の祝い着で家紋は入れないようにするのが一般的である。

 

⑤七五三とお宮参りでの初穂料(ご祈祷料)について

 

七五三もお宮参りも共通

基本的に、お祓いだけをしてもらえば5,000円、お祓い+お守りやお札をもらった場合は10,000円を献上する人が多い。

しかし、神社によって正式に初穂料が決められている場合もあるためお参りする神社のホームページを見たり、お問い合わせすると安心である。

 

 

鳴女さん
ずいぶん長くなったけど、ここまで見てくれたあなたも、項目別に見てくれたあなたも本当にありがとうなのだわ!

 

鳴女さん
それじゃ、次の記事でお会いしましょ!ばいばーい!

 

 

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしているわよ!