Pocket

はじめに

 

アイキャッチ

 

雉野
最近、神社と神道にハマった友達が神棚にも興味を持ち始めたんですけど、

氏神様のお札って必要ないんでしたっけ?

 

雉野
そいつは

「ネットで”必要ない!”って書いてあったからいらないんだ!」

とか言ってたんですケド………。

 

鳴女さん
ちょ~っと待ったああああ!!!!!

その友達に「氏神様を粗末に扱うな!」って忠告しといて!!

 

鳴女さん
そこまで気にしている人はいないと思うけど、

氏神様は私たちが生活するうえでとても大切な神様なの!

 

鳴女さん
あなたにもぜひ分かってもらいたいから、

氏神様がどれだけありがたい存在かお話しさせていただくのだわ!

 

鳴女さん
この記事では、以下のお悩みを持つあなたにぴったりの内容よ。

 

神棚に氏神様のお札を、お祀りした方がいいのか気になっている
神棚には、氏神様のお札が本当に必要なのか疑っている

 

鳴女さん
そんなあなたに満足してもらえるように、このような情報をお話しするわね!

 

神棚に氏神様のお札が必要な理由

氏神様はどんな神様なのか

氏神様がお祀りされている神社

 

神棚に氏神のお札は必要なの?氏神様の意味を知れば答えが分かる?

スポンサーリンク

 

単刀直入に言うと、氏神様のお札は絶対に必要なのだわ!あとで詳しく説明するけど、氏神様はあなたの身近にいらっしゃるとても大切な神様なの。

 

 本来なら初詣やお宮参りなどの行事でお参りするのも、氏神様がいる氏神神社が一番ふさわしいと言われているのよ。 

 

あ、そうそう、神社の優先順位について終活ねっと公式ホームページで説明されていたから、引用しておくわね。

 

また、信仰の優先順位は、伊勢神宮>氏神神社>崇敬神社の順です。
崇敬神社とは、氏神神社以外に個人として勉学や恋愛の祈願をする神社のことです。 神棚に祀る御札の序列や御守りを複数持つ場合の扱いなどに気をつけましょう。

出典:終活ねっと公式ホームページ

 

鳴女さん
氏神様はあなたがお住いの地域を守ってくれているワケだから、

今まで特に気にしてなかったのなら、

これからは少しでも気に留めといてほしいのだわ!

 

そもそも氏神様ってどんな神様?氏神様はどこの神社にいるの?

スポンサーリンク

 

それじゃ、氏神様とはどのような神様なのか説明させていただきますのだわ。

 

簡単に言うと、氏神様は固有名詞ではなくて、あなたが住んでいる地域一帯を守ってくれている神様のことよ。だから特に大切に敬う必要があるわね。

 

どこの神社にお祀りされているかと言えば、あなたのお家から一番近い神社よ。

 

つまり、あなたのお家から一番近い神社にお祀りされている神様が氏神様なの。ちなみに、その神社が存在する一定範囲に住んでいる人は「氏子」と呼ばれているわ。

 

雉野
僕の実家の近所には「ミズハノメ命」という、水の女神様がお祀りされている神社があります。

と、いうことは「ミズハノメ命」が氏神様なんですね!

 

神社本庁でも氏神様について以下のような説明があるわ。

 氏神さまは、私たちが住んでいる地域を守っている神社です。氏神さまは、鎮守さま、産土さまともいいます。氏神さまに対して、その地域に住んでいる人すべてを氏子といいます。たとえば、○○神社は××町の氏神、××町の住民は○○神社の氏子というような表現をします。

氏神さまは、もっとも身近な神さまです。神社に参拝するときには、まず氏神さまにお参りしましょう。

出典:神社庁公式ホームページ

 

鳴女さん
氏神様の大切さは分かってもらえたかしら?

氏神様に感謝の気持ちを込めて、

神棚にお札をお祀りしてあげてね!

 

まとめ

 

アイキャッチ画像

 

神棚関連:神棚にお札が入らない時は折るの?お札のサイズは大体どのくらい?

 

神棚関連:神棚の挨拶の仕方はどうすればいいの?参拝に必要な3つの作法とは?

 

神棚関連:神棚のお供えを下げた後の処分方法は?絶対に食べる必要がある?

 

鳴女さん
この記事では以下のことをお話ししたわ!

 

神棚に氏神様のお札は絶対に必要である。本来なら、初詣やお宮参りなども氏神様(氏神神社)にお参りするのが最もふさわしいと言われている。

 

・氏神様とは、あなたがお住まいの地域一帯を守ってくれている神様だ。氏神神社とは、あなたのお家から一番近い神社のことである。

 

・氏神様は固有名詞ではなく、あなたのお家に最も近い神社(氏神神社)にお祀りされている神様のことである。

 

鳴女さん
それじゃ、次の記事でお会いしましょ!ばいばーい!

 

スポンサーリンク

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしているわよ!