Pocket

はじめに

 

アイキャッチ画像

 

雉野
神棚にお供えするあの変な葉っぱは、何ていう名前なんですか?

 

雉野
名前とお供えする意味を知っておかないと、ご利益が得られなくなりそうで不安なんです………。

 

鳴女さん
コルァ!雉野!あの超神聖な植物を「変な植物」呼ばわりするんじゃないわよ!

 

鳴女さん
あの植物は、神道や神事において無くてはならないスゴイ葉っぱなの!

あなたもぜひ、神棚にお供えする葉っぱのスゴさを思う存分味わってね!

 

鳴女さん
この記事では、以下のお悩みを持つあなたにぴったりの内容よ。

 

神棚にお供えする葉っぱの名前が分からない
あの植物をお供えする理由や意味が分からない

 

鳴女さん
そんなあなたに満足してもらえるように、このような情報をお話しするわね!

 

神棚にお供えする謎の植物の名前と細かい情報

神棚に葉っぱをお供えする理由

良く似ているしきみとの違いと使われ方

 

神棚にお供えする葉っぱの名前とは?あの植物は意外と奥が深かった?

スポンサーリンク

 

あなたが毎日、神棚にお供えしているあの植物の名前は榊(さかき)というのだわ。

 

一般的には「榊」と書かれることが多いけど「賢木」とも書くこともあるんだって。意外なことに、語源は複数の説があるから紹介しておくわね。

 

榊の語源については諸説あり、神さまの聖域と人間世界との「堺」を示すための木、つまり「境木」が転じたという説や、「栄木」あるいは神聖な木を意味する「賢木(さかき)」が転じたとする説があります。

出典:神社と神道公式ホームページ

 

鳴女さん
榊の語源は「栄える木」だって聞いたことがあるけど、

他にもたくさんの由来があったのね。榊って意外と奥が深いのだわ………!

 

語源を紹介したけど、榊自体はこのような植物みたいよ。

 

①神域に植える常緑樹の総称。また、神事に用いる木。

②ツバキ科の常緑小高木。暖地の山中に自生。高さ約10メートル。葉は互生し、長楕円状倒卵形。濃緑色で質厚く光沢がある。六、七月、白色の小花を開く。枝葉を神事に用いる。

出典:『大辞林 第三版

 

榊ってツバキの仲間だったの!?ツバキといえばピンク色のお花がとてもかわいいのだわ!

 

とてもツバキの仲間に見えないけど、ツバキに負けないぐらい綺麗な花が咲くんだって!そこで、葉っぱと花の画像を用意しから確認してみてね。

 

榊の葉っぱの画像

 

榊の花が咲いた画像

 

鳴女さん
まさかこんなにも綺麗なお花が咲くなんて………。

一度でいいから直接見てみたいわね!

 

神棚に葉っぱをお供えする理由はある?なぜ植物をお供えするの?

 

蓮の花

 

神棚関連:神棚のお供えを下げた後の処分方法は?絶対に食べる必要がある?

 

神棚関連:神棚にお札が入らない時は折るの?お札のサイズは大体どのくらい?

 

の漢字をよく見ると「神」と「木」っていう字がくっついているわよね?これが何を意味するかというと、見たまんま「神様と深いつながり」がある木だからなの。

 

そもそも「木」って神様の宿り場所の意味もあるのよ。お正月に玄関に飾る門松だって「年神様が迷わないようにするための目印」として飾るからね!

 

さっきも紹介した榊の由来に「神様の世界と人間の世界との境界に植える木」という話があったけれど、それも神様と関係しているわ。

 

あ、そうそう、榊は神棚だけじゃなくて神社の神事にも使われているわね。

 

ご祈祷をしてもらうとき神主さんが「玉串」という白い紙をくっつけた葉っぱを振っていると思うんだけど、あの葉っぱも榊が使われているの!

 

ちなみに、『古典基礎語辞典』の榊の項目では以下の通り説明されているわね。この辞典は雉野の家にあったから勝手に借りてきたのだわ!

 

雉野
くっ………!また勝手に人のものを………!

 

特定の木でなく、神霊がよりつくと信じられ、呪術や催事に用いられた常緑樹を指す。中古以降、神域に茂る現在のツバキ科の榊を指すようになった。

出典:『古典基礎語事典』

 

 つまり、神道では榊はとても神聖で重要な木だったのよ! 

 

鳴女さん
お花屋さんでふつうに売っている榊だけど、こんなに神聖な植物だったのね!

本当にどこにでも売っているから、まさかそんなにスゴイ植物だとは思わなかったのだわ………!

 

榊としきみの違いは?似ているけど使われ方にも違いがあるの?

スポンサーリンク

 

もしかしたらあなたも気になったかもしれないんだけど、仏壇には「しきみ」の葉っぱをお供えするわよね?

 

榊とメッチャよく似ているしきみだけど、実は使われ方が全然ちがうのよ!一応、榊としきみの画像を載せておくわ。

 

榊としきみの画像

 

先ほども言った通り、榊は神事や神棚、神社のお祭りなどに使われるわ。もはや榊は神道行事において欠かせない存在となっているわね!

 

じゃあ、しきみはどんなことに使われるのかと言うと仏事(仏教の儀式)で使われるわ。

 

あなたもお墓参りのときにしきみをお供えしないかしら?お寺でも見ることがあるわよね!簡単にまとめると榊は神道しきみは仏教ってことになるわね。

 

それと、しきみの由来が超意外だからついでにお話しするのだわ。しきみは種に猛毒を持っているから、「猛毒を持っている悪しき実」が短くなって「しきみ」になったと言われているのだわ………!

 

鳴女さん
しきみ…おそろしい子!

 

まとめ

 

自然

 

神棚関連:神棚のお供えに野菜と果物はOK?配置に決まりはあるの?

 

神棚関連:神棚に氏神様は必要なの?氏神様の意味を知れば答えが分かる?

 

鳴女さん
この記事では以下のことをお話ししたわ!

 

神棚にお供えする葉っぱの名前は榊である。見た目からは想像できないが、ツバキ科の植物だ。ツバキはピンク色の花を咲かせるが、榊は真っ白な花を咲かせる。

 

榊は神道において欠かすことのできない神聖な木である。榊は「神」、「木」という字が表す通り神様と深い関係がある木だ。古来より「神様は木に宿る」という考え方がある。

神社でご祈祷をしてもらうとき、神主さんが白い紙をくっつけた葉っぱ(玉串)を振るが、あの葉っぱも榊である。

 

・榊によく似ている植物にしきみがあるが、使い方はまったく異なる。簡単に説明すると榊=神道しきみ=仏教である。

 

鳴女さん
それじゃ、次の記事でお会いしましょ!ばいばーい!

 

スポンサーリンク

お役に立ったら「いいね」を押してみんなにも教えてあげてね!
フェイスブックでは最新情報をお届けしているわよ!